通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

ボイラー技士

ボイラー技士検定【特級、1級、2級】に受かる勉強方法や通信講座を紹介。おすすめのテキストや問題集はこれだ。

ボイラー技士検定とは、建物に関する事の空気調整を管理する事を認められる専門家になれる資格の事を指します。

ボイラー技士検定

特級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
6カ月程 25%程 国家資格

(左右にスライド可能)

1級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
4カ月程 60%程 国家資格

(左右にスライド可能)

2級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
4カ月程 55%程 国家資格

(左右にスライド可能)

ボイラー技士検定とは?

ボイラー技士検定とは、建物に関する事の空気調整を管理する事を認められる専門家になれる資格の事を指します。

主に、マンションであったり、学校・病院など冷房を用いている建物の空気調節をすることが専門です。

安全に運転しているのか、監視・調整・検査などの業務を行います。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 全国で就職や転職が可能!!
  • 就職・転職でのキャリアアップに!
  • 定年後の再就職するのにもよい!

ボイラー技士の資格を取得する事で、建物の管理会社関係の仕事で活躍していくことが出来ます。

ボイラー技士2級の資格を持っていれば、どんな種類のボイラーでも扱う事が出来ると認められています。

また、一度取ればOKな資格であるため、定年した後でも、
再就職に活用していくことが出来る資格です。

ボイラー技士検定に関して

ボイラー技士の概要について説明しておきます。

試験地
  • 管轄住所のセンター

詳しくは、公益財団法人 安全衛生技術試験協会よりご確認ください。

受験資格
  • 2級:誰でも受験する事が可能。
1級の受験資格はこちら
  • 1級
    • 二級ボイラー技士免許を受けた者
    • 次のいずれかの者(ボイラーに関する学科を修めた者に限る。)で、その後1年以上の実地修習を経たもの
      • a.学校教育法による大学(短期大学を含む。)、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校【注2】を卒業した者
      • b.大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者
      • c.省庁大学校【注3】を卒業(修了)した者
      • d.専修学校の専門課程(2年以上・1700時間以上)の修了者(大学入学の有資格者に限る。)などで、その後大学等において大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与されるのに必要な所定の単位を修得した者
      • e.指定を受けた専修学校の専門課程(4年以上)を一定日以後に修了した者など(学校教育法施行規則第155条第1項該当者)
特級の受験資格はこちら
  • 一級ボイラー技士免許を受けた者
  • 次のいずれかの者(ボイラーに関する講座又は学科目を修めた者に限る。)で、その後2年以上の実地修習を経たもの
    • a.学校教育法による大学(短期大学を含む。)又は高等専門学校を卒業した者若しくは専門職大学前期課程を修了した者
    • b.大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者
    • c.省庁大学校【注2】を卒業(修了)した者
    • d.専修学校の専門課程(2年以上・1700時間以上)の修了者(大学入学の有資格者に限る。)などで、その後大学等において大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与されるのに必要な所定の単位を修得した者
    • e.指定を受けた専修学校の専門課程(4年以上)を一定日以後に修了した者など(学校教育法施行規則第155条第1項該当者)
  • エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)第9条第1項のエネルギー管理士(熱)免状【注3】を有する者で、2年以上の実地修習を経たもの
  • 海技士(機関1、2級)免許を受けた者
  • ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が500㎡以上のボイラーを取り扱った経験があるもの

詳しくは、公益財団法人 安全衛生技術試験協会より確認ください。

受験料
  • 各級:6,800円
試験日
  • 特級:10月上旬頃
  • 1級:1年に5~7回程
  • 2級:1カ月に1~2回
試験内容
  • 2級:出題数40問 / 試験時間  3時間
  • 1級:出題数40問 / 試験時間 4時間
  • 特級:出題数24問 / 試験時間 各科目1時間×4
試験範囲
特級の詳細はこちらをタップ
  • ボイラーの構造に関する知識(6問)
  • ボイラーの取り扱いに関する知識(6問)
  • 燃料及び燃焼に関する知識(6問)
  • 関係法令(6問)

1級の詳細はこちらをタップ
  • ボイラーの構造に関する知識(10問)
  • ボイラーの取り扱いに関する知識(10問)
  • 燃料及び燃焼に関する知識(10問)
  • 関係法令(10問)

2級の詳細はこちらをタップ
  • ボイラーの構造に関する知識(10問)
  • ボイラーの取り扱いに関する知識(10問)
  • 燃料及び燃焼に関する知識(10問)
  • 関係法令(10問)

  • 特級、1級、2級:
    • 総得点が満点中の60%以上の得点率
    • 各科目が満点中の40%以上の得点率
申し込み方法

ボイラー技士検定の勉強方法について

主に勉強方法としては、

基本的に、ボイラー技士の資格は、2級までの通信講座しかありません。
1級、特級を目指す方は、独学で勉強を進める必要があります。
そのために2級の内容をしっかりと理解しておく必要がありますので、
通信講座を活用していくと良いでしょう。

  1. 参考テキストをとりあえず1周読む
  2. もう一度参考テキストを読み、分からない言葉をチェックする
  3. 問題集を使って実際に問題を解いてみる
  4. 間違った問題をテキストを用いて復習&確認する
  5. もう一度テキストを読み返す
  6. 繰り返し問題集を行う

ボイラー技士は、とにかく『暗記と理解』が大切となる試験です。

このように勉強を進めていくことで、インプットするだけでなく、
アウトプットする事もできるので効果は抜群です。

アウトプットする事で知識はしっかりと身についていきますので、
問題集を用いて何度もアウトプットするようにしていきましょう。

ボイラー技士検定 おすすめ通信講座について

受講価格 39,000円
講座内容 ・メインテキスト4冊
・添削5回
・重要用語350など

ボイラー技士検定 おすすめ参考書・問題集

2級
本書は、2級ボイラー技士免許試験合格を目指す人のためのテキスト&問題集です。
豊富な図版と、わかりやすい解説で、独学での合格をサポートします。
「一問一答問題」「復習問題」「模擬試験」と、確認問題を多く掲載し、問題を解きながら頻出箇所と理解度の確認ができるように構成しています。
本書は、公表問題6回分(240問)を完全収録し、最新の法改正に対応させてやさしく解説。
最新傾向がわかる科目別の出題データを掲載。本試験が体感できるマークシート解答用紙付き。
使いやすい別冊の正解・解説。
1級
本書は、ボイラー技士1級に適した参考書です。
基本的に通読する必要はありませんが、問題集の辞書代わりとして活用して頂くと良いでしょう。
本書は一級ボイラー技士試験の試験直前対策用問題集です。
試験項目ごとに過去問題から50~60問程度選りすぐった頻出問題・重要問題とその解答解説を掲載しています。
解答解説は試験直前でも容易に復習できるように、問いに対して「○」「×」を付しわかりやすい解説。
本書は、過去問の攻略が合格への近道!!
最新の出題傾向がわかる!公表問題を徹底分析してわかりやすく解説!解説に図表を掲載!
\コスパ抜群オンライン講座はこれだ!/
詳しく見てみる!
\コスパ抜群オンライン講座はこれだ!/
詳しく見てみる!