通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

ビジネス実務法務検定

【独学で合格可能!】ビジネス実務法務検定の勉強時間やおすすめテキスト・問題集について | 1級,2級,3級の難易度はどう?

ビジネス実務法務検定とは、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。

ビジネス実務法務検定

3級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
50時間程度 80%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

2級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
100時間程度 50%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

1級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
200時間程度 11%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

ビジネス実務法務検定とは?

ビジネス実務法務検定とは、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できます。

分かりにくいので具体的に述べると、例えば、営業で取引先との契約書を締結する場面を想像してください。契約内容に不備や不利益がないか発見し、正しい判断ができれば、トラブルを未然に防ぐことができます。身につけた正しい法律知識は、業務上のリスクを回避し、会社へのダメージを未然に防ぐことができます。同時に、自分の身を守ることにもなります。

今企業活動ではなくてはならない資格という事ができる資格となります。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 企業のリスク回避に役に立つ!
  • 就職や転職に有利!
  • キャリアアップにつながる!

ビジネス実務法務検定の資格を取得しておくと、仕事の質を高める事が出来ます。
色々なリスクがある企業で、ビジ法を身につけておけば役に立つ事は間違いなく、企業からも重宝されます。

また、弁護士・司法書士などの有力な法律系資格取得を目指している方には、予行練習ともなります。

就職活動や転職活動の時に、法務実務に関する一定の知識を持っていたら企業の法務部門や人事部門を中心に、幅広い職種での採用面接で武器となります。

ビジネス実務法務検定の試験に関して

ビジネス実務法務検定の概要について説明しておきます。

試験地
  • 全国各地の商工会議所
    →詳しくは、こちらから確認ください。
受験資格
  • 2級・3級:誰でも受験可能
  • 1級:2級合格者

受験料
  • 3級:4,320円
  • 2級:6,480円
  • 1級:10,800円
試験日

1年に4回試験がありますので受験がしやすいです。

  • 1級:12月上旬頃
  • 2級・3級:6月中旬、12月上旬
試験内容
1級 [共通問題]2時間(集合時間 10:00)
[選択問題]2時間(集合時間 13:30)
2級 2時間(集合時間 13:30)
3級 2時間(集合時間 10:00)
試験出題範囲
1級
  • 論述問題(共通問題・選択問題とも)
  • 制限時間は共通問題 2時間・選択問題 2時間
  • 共通問題(2問必須)
    民法および商法を中心に、できるだけ全業種に共通して発生することが考えられる法律実務問題を出題します。
  • 選択問題(4問中2問選択)
    特定の業種に関連する一定の法律をクローズアップして出題します。法務実務の担当者が遭遇するであろうさまざまな場面を想定して出題します。例えば、以下の事例などにより実務対応能力を試験するものとします。

    1. 取引上のトラブルを処理
    2. 取引関係に立たない第三者とのトラブルを処理
    3. 法務関係の上司や弁護士などの専門家に法的トラブルの顛末・処理方法を報告
    4. 予防法務的観点からトラブルになりそうな問題に対応
2級
  • マークシート方式
  • 制限時間は2時間
  1. 企業取引の法務
    • ビジネスに関する法律関係
    • 損害賠償に関する法律関係
  2. 債権の管理と回収
    • 債権の担保
    • 緊急時の債権回収
    • 債務者の倒産に対応するための処理手続
  3. 企業財産の管理・活用と法務
    • 流動資産の運用・管理の法的側面
    • 固定資産の管理と法律
    • 知的財産権の管理と活用
  4. 企業活動に関する法規制
    • 経済関連法規
    • 消費者保護関連の規制
    • 情報化社会にかかわる法律
    • 事業関連規制
    • 企業活動と地域社会・行政等とのかかわり
    • 企業活動にかかわる犯罪
  5. 株式会社の組織と運営
    • 株式会社のしくみ
    • 株式会社の運営
  6. 企業と従業員の関係
    • 労働組合と使用者との関係
    • 労働者災害補償保険法(労災保険法)
  7. 紛争の解決方法
    • 紛争の予防方法
    • 民事訴訟手続
    • その他の紛争の解決方法
  8. 国際法務(渉外法務)
    • 国際取引に関する法的諸問題と対応のポイント
    • 国際取引に関する個別の法的諸問題
3級
  1. マークシート方式
  2. 制限時間は2時間
  1. ビジネス実務法務の法体系
    • ビジネスを取り巻くリスクと法律のかかわり
    • 企業活動の根底にある法理念
    • 法律の基礎知識
  2. 企業取引の法務
    • 契約とは
    • 契約の成立
    • 契約成立後の法律関係
    • 売買以外の契約形態
    • ビジネス文書の保存・管理
    • 契約によらない債権・債務の発生~不法行為等
  3. 債権の管理と回収
    • 通常の債権の管理
    • 取引の決済(手形・小切手等)
    • 債権の担保
    • 緊急時の債権の回収
  4. 企業財産の管理と法律
    • 企業の財産取得にかかわる法律
    • 企業財産の管理と法律
    • 知的財産権
  5. 企業活動に関する法規制
    • 取引に関する各種の規制
    • ビジネスと犯罪
  6. 企業と会社のしくみ
    • 法人と企業
    • 会社のしくみ
  7. 企業と従業員の関係
    • 従業員の雇用と労働関係
    • 職場内の男女雇用にかかわる問題
    • 派遣労働における労働形態
  8. ビジネスに関連する家族法
    • 取引と家族関係
    • 相続
合格基準
  • 1級:各問題ごとに得点が50%以上でかつ合計点が140点以上
  • 2級:100点満点とし、70点以上をもって合格
  • 3級:100点満点とし、70点以上をもって合格
申し込み方法

ビジネス実務法務検定の勉強方法を紹介!

主に勉強方法としては、

  • 独学
  • 講座

のどちらかになります。

それぞれ説明の方をさせて頂きます。

独学

ビジネス実務法務検定の試験は、独学で合格する事は難しくないと思われます。
実際に独学でも合格している方は多数いらっしゃいますので、下記に書いてある参考書などを用意して試験に臨みましょう。
しかし、1級は独学で合格する事は厳しいのでオンライン講座を受講する事をすすめます。

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. テキストをまず1周読む
  2. 問題演習や過去問を解いてみる
  3. 間違えた問題をテキストと照らし合わせて理解する
  4. テキストを何周か行う
  5. 過去問集を繰り返し行う『

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、過去問などでアウトプットする事ができるので、
脳への定着率は抜群とあがります。

その際に使用するのにオススメの参考書と問題集は以下のものです。
詳しくは、少し下の方でまとめて説明しています(*’ω’*)

オンライン講座

独学で不合格になってしまった経験がある、必ず一発で合格したいと考えている方は、
オンライン講座を受講する事をオススメします。

主におすすめのオンライン講座はこちらとなっています。

スタディング

スタディングは、短期間で合格した人々の勉強方法を徹底的に研究して開発された画期的なオンライン講座です。
基本的に忙しい方向けに作られているので、スキマ時間を有効活用して、スマホでの学習を前提とした新スタイルを採用しています。

また、動画講義だけでなく、問題演習、テキスト閲覧、メモや検索機能までスマホひとつで完結します。

ビジネス実務法務検定 おすすめ通信講座

受講価格 13,600円程度
受講内容 ・短期合格セミナー
・基本講座
・webテキスト
・スマート問題集
・セレクト問題集など

(左右にスライド可能)

【オンライン資格講座】社会人にオススメ資格サイト|STUDYing(スタディング)がオススメな理由と評判(口コミ) オンライン資格講座『スタディング』とは? スタディングとは、2008年いサービスが始まった...

ビジネス実務法務検定 おすすめ参考書・問題集

ビジネス実務法務検定の資格を取得するのにオススメの参考書を紹介しておきます。

本書は、出題区分に準拠したオフィシャルテキスト。日常業務に必要な生きた法律知識を解説しているので広く実務の助けにもなる。民法(債権法)、不正競争防止法など重要法令の改正に対応。しかし、少し読みづらい事もあるのでこれとは別にもう1冊買う事をおすすめする
本書は、公式テキストで知識を習得。公式問題集で試験へ向けた実践トレーニング。公式テキストに準拠した構成になっているため、公式テキストを買った人は絶対にこの問題集で勉強するべきで、実際に多くの受験生がこの公式問題集を買っています。
本書は、東京商工会議所主催の「ビジネス実務法務検定試験(R)」に
効率よく合格するための、一問一答形式の問題集です。
シンプルな構成と簡潔な解説で、合格に必要な知識をすばやく確認することができます!

\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!