通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

ケアマネージャー

【最短合格】介護支援専門員(ケアマネージャー)のおすすめテキストや問題集、勉強方法について

介護支援専門員とは、ケアマネージャーとも言われ、介護を必要とする人とお、福祉・医療・保険のサービスを結ぶ重要な役割を担う資格を持てる事を指します。

介護支援専門員

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
2か月程度 10%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

介護支援専門員とは?

介護支援専門員とは、ケアマネージャーとも言われ、介護を必要とする人とお、福祉・医療・保険のサービスを結ぶ重要な役割を担う資格を持てる事を指します。

介護を必要としている方は、世の中に多くいますが、そういう方にケアプランを立て、サービスの調整を行い、しっかりとサービスが行われているのかなどのチェックを行うのが主な仕事となります。

ケアマネの仕事

  1. 要介護認定業務
    ・・・市町村から委託を受けて要介護者の自宅を訪問、心身の状態を確認します。また、更新申請に関する書類作成の代行業務も行います。
  2. ケアプランの作成・管理
    ・・・わかりやすく言えば介護サービスのスケジュール表のようなものです。
  3. 給付管理業務
    ・・・支給限度額の確認と利用者負担額の計算も行います。また、サービス利用票や給付管理票を作成、提出までもケアマネージャー業務
  4. 要介護者本人とその家族からの相談業務

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 収入アップ!
  • キャリアアップ、転職時などに有利になる
  • 活躍の幅がとても広い

ケアマネージャーは今、高齢化社会という事もあり、とても必要性が高いです。
という事は、幅広いところで活躍する場面があるという事です。

例えばこのようなところ

  • 指定居宅介護支援事業所
  • 地域包括支援センター
  • 市町村
  • 介護保険施設

このように様々な場所で必要とされているので、持っていると役に立つ資格となります。

介護支援専門員の試験に関して

介護支援専門員の概要について説明しておきます。

試験地
  • 筆記試験
    北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
受験資格
  1. 医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士(管理栄養士を含む)、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士の有資格者で、福祉・医療等の施設で業務に従事した期間が5年もしくは900日以上の者。
  2. 特定施設入居者生活介護施設の生活相談員として、相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者。
  3. 地域密着型特定施設入居者生活介護施設の生活相談員として、相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者。
  4. 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護施設の生活相談員として、相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者。
  5. 介護老人福祉施設の生活相談員として、相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者。
  6. 介護老人保健施設の支援相談員として、相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者。
  7. 介護予防特定施設入居者生活介護施設の生活相談員として、相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者。
  8. 障害者総合支援法に基づく計画相談支援に規定する相談支援専門員として、相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者。
  9. 児童福祉法に基づく障害児相談支援事業に規定する相談支援専門員として、相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者。
  10. 生活困窮者自立相談支援事業の主任相談支援員として、相談援助業務に従事した期間が5年かつ900日以上ある者。

受験料
  • 15,300円くらい
試験日
  • 毎年1回で、一定はしていませんが、通常10月に行われます
試験内容
  • 5肢複択でほとんどの都道府県がマークシート方式を採用
  • 試験時間→120分

試験出題範囲
  • 介護支援分野(25問)
    ①基本視点
    ②介護保険制度
    ③要介護・要支援認定持論
    ④介護支援サービス機能・要介護認定方法論
  • 保険医療福祉サービス分野(35問)
    ①高齢者の身体的・精神的特徴と高齢期の疾病・障害
    ②訪問介護方法論
    ③通所介護方法論
    ④短期入所生活介護方法論
    ⓹福祉用具、住宅改修方法論
    ⑥指定介護老人福祉士施設サービス方法論
    ⓻公的サービス、社会資源導入方法論など
合格基準
  • 介護支援分野で6割~7割程度、保健医療分野と福祉サービス分野で、受験した分野の合計点の6割~7割程度(ただし、問題の難易度によって毎年補正される)
申し込み方法

介護支援専門員の勉強方法を紹介!

主に勉強方法としては、

  • 独学
  • 講座

のどちらかになります。

それぞれ説明の方をさせて頂きます。

独学

介護支援専門員の試験は、独学で合格する事は可能です。
しかし、合格率もあまり高くないため、講座に申し込む方が効率的に取得できます。

開講されている講座のサイトは以下のものとなります。

勉強方法としては、このように取り組んでください。

まずは、筆記試験に関して説明をしていきます。

  1. 参考書をまず1週読んでみる
  2. 過去問題を解いてみる
  3. 間違えた問題を答えや参考書と照らし合わせて理解する
  4. 過去問題集を何周か行う
  5. 時事問題やニュースにも目を向けておく
  6. 参考書をもう一度読みポイントをしっかりインプット『

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、過去問などでアウトプットする事ができるので、
脳への定着率は抜群とあがります。

介護支援専門員 おすすめ参考書・問題集・オンライン講座

介護支援専門員の資格を取得するのにオススメの参考書を紹介しておきます。

created by Rinker
¥48 (2021/09/25 02:33:46時点 Amazon調べ-詳細)
本書は、ボリュームが多いわけではありませんが、不測のない情報量がまとまっている バランスの良いテキストとなっています。
難易度自体も高いわけではないので、とても勉強はしやすいと思います。
本書は、5年分の過去問の選択肢を出題ごとに分類されています。一問一答なので効率的に勉強をすることも可能ですし、重要ポイントなどもまとまっているので効率的に勉強を進めていくことができます。
created by Rinker
¥449 (2021/09/25 02:33:47時点 Amazon調べ-詳細)
本書は、出題分析をもとに作成された模擬問題240問と解説がついています。得点アップにつながる重要ポイントや分野などについてまとめられているのでとても便利です。余裕がある方は、買っておくといいと思います。
オンライン講座
受講価格 49,800
講座内容 ・メインテキスト6冊
添削7回など


\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!