通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

色彩検定

独学で合格可能!色彩検定おすすめのテキストや問題集・通信講座を紹介!使い道についても【1級、2級、3級、UC級】

色彩検定とは、は色に関する幅広い知識や技能を問う公的資格検定試験です。

色彩検定

1級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
2か月程度 40%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

2級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
1~2か月程度 60%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

3級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
1か月程度 70%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

UC級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
2週間程度 90%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

色彩検定とは?

色彩検定とは、色彩検定では色の基礎から、配色技法(色の組み合わせ方)、専門分野における利用などを幅広く学習します。

「色彩検定」の学習によって感性や経験によらない、理論の土台を身に付けることができます。

また、ご自身の現在の知識や目指すレベルに合わせて1、2、3級、UC級 のどの級からでもご受検いただけます。

色についての知識が無く基礎からしっかり学びたい方や、現在色を扱った仕事をしているが知識を整理したい方、さらなるスキルアップを目指したい方など、様々な方に受検していただけます。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • カラーコーディネーター
  • 色彩講師
  • アパレル・ファッション系
  • 出版・広告関連
  • 建築・工業・空間デザイン関係など

色彩検定は、幅広い場面で活かすことができます。

色というものはどのような場面でも切っても切り離すことができない関係です。

よって、さまざまなお仕事の場面で、色彩の知識が役に立ちます。

例えば、「出版・広告関係」のお仕事ですと、

「企画・広報」「印刷業・DTP」など企業のイメージカラーに合わせて商品や広告の色彩コントロールをすることで、ブランドイメージをより強固にすることができます。

転職や就職活動の際に企業にアピールをする手段にもなるので、おすすめです。

色彩検定 | 検定レベル(各級の目安)について

1級

プロフェッショナル向け

色彩と文化、色彩調和論、色の知覚、ファッションビジネス、プロダクトデザイン、インテリアカラーコディネーション、環境色彩、ユニバーサルデザインなど。2級と3級の内容に加え、以上のような事柄を十分に理解し、技能を持っている。

2級

実務に応用したい方向け

照明、色名、表色系、配色技能、配色イメージ、ビジュアルデザイン、ファッション、プロダクト、インテリア、エクステリアなど。3級の内容に加え、以上のような基本的な事柄を理解し、技能を持っている。

3級

初めて色を学ぶ方向け

光と色、色の分類と三属性、色彩心理、色彩調和、色彩効果、ファッション、インテリア、など。以上のような色彩に関する基本的な事柄を理解している。

UC級
一般社会人・公共、福祉、設計者など

色が見えるしくみ、ユニバーサルデザイン、色覚の多様性、高齢者の見え方など。配色における注意点や改善方法を理解している。

色彩検定の試験に関して

色彩検定の概要について説明しておきます。

試験地
  • 札幌市 釧路市 帯広市 八戸市 盛岡市 仙台市 秋田市 山形市 郡山市 水戸市 土浦市 宇都宮市 足利市 前橋市 上尾市 千葉市 東京23区 横浜市 新潟市 甲府市 長野市 松本市 富山市 金沢市 福井市 岐阜市 静岡市 浜松市 名古屋市 四日市市 大津市 京都市 大阪市 神戸市 奈良市 和歌山市 鳥取市 松江市 岡山市 広島市 防府市 徳島市 高松市 松山市 高知市 福岡市 北九州市 佐賀市 長崎市 大分市 宮崎市 熊本市 鹿児島市 那覇市
受験資格
  • 受験資格の制限はありません。どなだでも受験可能です。

受験料
  • 1級:15,000円
  • 2級:10.000円
  • 3級:7,000円
  • UC級:6,000円
試験日
  • 1級
    ◆1次試験:11月上旬
    ◆2次試験:12月中旬頃
  • 2級、3級、UC級:6月下旬頃、12月上旬頃
試験内容
  • 3級:マークシート方式
  • 2級:マークシート方式(一部記述式)
  • 1級
    • 1次:マークシート方式(一部記述式)
    • 2次:記述方式(一部実技)
  • UC級:マークシート方式(一部記述式)

試験出題範囲
1級

光と色、色の分類と三属性、色彩心理、色彩調和、色彩効果、ファッション、
インテリア、など。
以上のような色彩に関する基本的な事柄を理解している。

2級

照明、色名、表色系、配色技能、配色イメージ、ビジュアルデザイン、
ファッション、プロダクト、インテリア、エクステリアなど。
3級の内容に加え、以上のような基本的な事柄を理解し、技能を持っている。

3級

色彩と文化、色彩調和論、色の知覚、ファッションビジネス、プロダクトデザイン、インテリアカラーコディネーション、環境色彩、ユニバーサルデザインなど。
2級と3級の内容に加え、以上のような事柄を十分に理解し、技能を持っている。

UC級

色が見えるしくみ、ユニバーサルデザイン、色覚多様性、高齢者の見え方など。
配色における注意点や改善方法を理解している。

合格基準
  • 各級とも満点中、約70%前後で合格となる。
申し込み方法

色彩検定の勉強方法を紹介!

主に勉強方法としては、

のどちらかになります。

それぞれ説明の方をさせて頂きます。

独学

色彩検定の試験は、独学で合格する事は可能です。
公式テキストや問題集を必ず購入し、しっかり解いていきましょう。

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. まず公式テキストをさらっと1周読む
  2. 問題集を解いてみる
  3. 間違った問題を公式テキストを用いて確認
  4. 公式テキストを2~3周しっかりと読み込む
  5. 問題集をひたすら繰り返す

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、過去問などでアウトプットする事ができるので、
脳への定着率は抜群とあがります。

色彩検定 おすすめオンライン講座


受講価格(2級&3級セット) 47,000円
受講内容
  1. 講義DVD 全8枚
  2. 「色彩検定公式テキスト2級編」「色彩検定公式テキスト3級編」
  3. 講義レジュメ
  4. 配色カード199b
  5. 実力診断テスト(全2回/添削付き)
  6. 過去問題集

(左右にスライド可能)

色彩検定 おすすめテキスト・問題集

色彩検定の資格を取得するのにオススメの参考書を紹介しておきます。

本書は、文部科学省後援 色彩検定の公式テキストです。
色彩を初めて学ぶ人のための入門書。指示に従って新配色カードを貼る実技演習により、色彩の基礎が習得できます。このテキストの太線の字と重要な図とか表を理解出来れば引っ掛けが無いのでこの本一つ一つで事足りると思います。
本書は、色彩検定「3級」「2級」の公式テキストに沿って、「テーマごと」に厳選した模擬問題集を集めてあります。全部カラーページで問題量も少しずつなので総ざらいにはいいと思います。この本と公式テキストをセットで購入する事をおすすめします。
本書は、2級・3級の併願受検や最初から2級を受検する人に最適です。
効率よく学習できるように、過去の出題傾向を分析し、項目ごとに頻出度を表示してあります。巻頭には2級、3級それぞれの出題傾向と対策を掲載。学習の前に分野ごとでどんな問題が出題されやすいか傾向を押さえておくことで、短期間でも効率よく学習できます。


\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!