通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

カラーコーディネーター

【アパレルで役立つ資格】カラーコーディネーターの勉強時間や方法!おすすめの通信講座やテキスト・問題集も!【1級・2級・3級】

カラーコーディネーターとは、仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶ事ができる検定資格です。

カラーコーディネーター

1級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
3か月程度 40%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

2級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
2~3か月程度 30%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

3級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
1か月程度 50%程度 公的資格

(左右にスライド可能)

カラーコーディネーターとは?

カラーコーディネーター検定とは、色の性質・特性など、色彩の知識を身につけることで、色の持つ効果をビジネスシーンに活かすことができます。

仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる、それがカラーコーディネーター検定試験です。

カラーコーディネートを学んだ方が活躍できる場面は多いです。。
ファッションや化粧品業界、ネイル・ヘアメイク・ブライダル業界、出版・広告・Web業界、と多くの業界で色彩のスペシャリストが活躍しています

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 就職や転職活動で
  • 事務職から専門職へとキャリアアップ
  • 企業の企画・開発部門の人材育成に!
  • ブライダル、ジュエリー、フラワー業界で!
  • インテリア、建築業界で!

カラーコーディネーターの資格は、活躍できる場面が数多くあります。

例えば、アパレル・ファッション業界では、カラーが切っても切り離せない関係にあります。

そういった際にカラーコーディネーターの資格を持っていれば、お客様へのアドバイスをすることができたり、信頼性が高まります。

そして、建築関係、ネイリスト、広告出版など色に関係する職には、とても役に立ちます。

お客様の目を引くものを他の人と差別化して作る事ができます。

カラーコーディネーターの試験に関して

カラーコーディネーターの概要について説明しておきます。

試験地
  • 全国各地の商工会議所で実施
受験資格
  • 年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。

受験料
  • 1級:9,620円
  • 2級:7,340円
  • 3級:5,250円
試験日
  • 1級:12月上旬頃
  • 2級・3級:6中旬頃、12月上旬頃
試験内容
  • 3級:制限時間2時間、マークシート方式
  • 2級:制限時間2時間、マークシート方式
  • 1級:制限時間2時間30分、マークシート方式および論述

試験出題範囲
1級
1級の詳細はここをタップ

第1分野「ファッション色彩」

  1. ファッションカラ-の定義と重要性
  2. 身体色の特徴
  3. ファッションと色彩文化
  4. ファッション&メ-キャップの色彩と配色
  5. ファッションカラ-の品質管理
  6. ファッションカラ-の調査と手法
  7. 流行色の意義と変遷
  8. ファッションビジネスのカラ-コ-ディネ-タ-の役割
  9. ファッションビジネスにおける色彩計画の実際
  10. 化粧品メ-カ-のマ-チャンダイジングと色彩計画
  11. 衣服と化粧のカラ-コ-ディネ-ト
  12. ファッションカラ-の色彩調和

第2分野「商品色彩」

  1. 経営と色彩
  2. 経営に色彩を活かすための諸デ-タの整備
  3. 商品の色彩計画のための理論と実践
  4. 色彩の材料および技術の開発動向
  5. 商品・インテリアの色彩計画

第3分野「環境色彩」

  1. 環境色彩とカラ-コ-ディネ-ション
  2. カラ-コ-ディネ-ションの方法とそのプロセス
  3. 建築計画
  4. 環境計画
  5. カラ-コ-ディネ-ションのための材料知識
  6. 環境色彩の基礎知識
2級
2級の詳細はココをタップ
  • カラーコーディネーションの意義
    • カラーコーディネーションの際に考慮すべき基礎事項
  • 色彩の歴史的展望と現状
    • 近現代のデザインとカラーの歴史
    • 色彩の文化史
    • 自然界と身近な色彩的特徴
  • 生活者の視点からの色彩
    • 色の見えに影響を与える要因
    • 色の見え方の多様性とカラーユニバーサルデザイン
    • 照明の特性の測定
    • 色彩と照明
    • 色彩の法的規制
  • 生産者の視点からの色彩
    • 色材の基礎
    • 色の測定と表示
    • 色の差の測定と表示
    • 流行現象の理論と色彩の流行
    • 色彩の品質管理
  • カラーコーディネーターの視点
    • 色彩の現状把握の目的と調査方法
    • 心を測る――心理測定法
    • 色彩を伝えるための情報の流れとその変換
    • 色彩の心理的効果
    • カラーコーディネーションと配色
    • カラーコーディネーションの実例
3級
3級の詳細はココをタップ
  1. 色の性質
  2. 色と心理
  3. 色を表し、伝える方法
  4. 配色と色彩調和
  5. 光から生まれる色
  6. 色が見える仕組み
  7. 色の測定
  8. 混色と色再現
  9. 色と文化

(詳しくは公式ホームページより)

申し込み方法

カラーコーディネーターの勉強方法を紹介!

主に勉強方法としては、

のどちらかになります。

カラーコーディネーターの試験は、独学で合格する事は可能ですが
将来的に活用して就職したいなどと考えている方は、通信講座を通してしっかりと学ぶ方がコスパはいいです。

それぞれ説明の方をさせて頂きます。

独学

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. まず公式テキストをさらっと1周読む
  2. 過去問題集を解いて傾向を確認する
  3. 間違った問題を公式テキストを用いて確認
  4. 公式テキストを2~3周しっかりと読み込む
  5. 問題集をひたすら繰り返す

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、過去問などでアウトプットする事ができるので、
脳への定着率は抜群とあがります。

カラーコディネーターの試験は、とにかく『暗記』が大切となる試験です。

その為にテキストを用いてマーカーなどを用いてしっかりと勉強を進めていきましょう。

カラーコーディネーター おすすめ 通信講座



受講価格 9,800円
受講内容
  • サンプルテキスト+問題集
  • サンプルDVD
  • 講座案内パンフレット
  • 受講生の声
  • 会社案内
  • 各種パンフレット

(左右にスライド可能)

カラーコーディネーター おすすめテキスト・過去問題集

カラーコーディネーターの資格を取得するのにオススメの参考書を紹介

本書は、カラーコーディネーターの公式が出版しているテキストです。
本書は、カラーコーディネーターの公式が出版しているテキストです。
本書は、カラーコーディネーターの公式が出版しているテキストです。
本書は、カラーコーディネーターの公式が出版している過去問題集です。
\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!