通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

介護・福祉・保育

認知症介助士は就職に役に立つのか?役に立つ場面・勉強時間を解説!通信講座の概要についても説明

認知症介助士とは、認知症介助士の学びでは、認知症を正しく理解し、さまざまな事例から認知症の方への適切な対応方法を知ることができます。

認知症介助士

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
3ヵ月程 —— 民間資格

(左右にスライド可能)

認知症介助士とは?

認知症介助士とは、認知症介助士の学びでは、認知症を正しく理解し、さまざまな事例から認知症の方への適切な対応方法を知ることができます。

高齢化が進んでいるこの日本で、認知症の方と接する時の心構えやコミュニケーションの取り方をしっかりと理解していくことができます。

認知症は難しい問題であるので、様々なコミュニケーションの取り方などを学んでいなければいけません。

そういった際に役に立つ資格です。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 医療・介護業界で働いている方!
  • 接客業界で働いている方!
  • 認知症予防を考えている方!

認知症介助士の資格を取得する事で、幅広い場面で活用する事ができます。

医療関係のお仕事をしていると、認知症の方と接する機会が多くあります。
そういった際に、『正しい接し方が分からない』『認知症についての知識がほとんどない』という事になるととてもややこしいことになりえます。

医療業界に限らず、接客業を行う方ならば接する機会が少なからずあるので、トラブルを未然に防ぐためにも知識を身につけておくことがとても大切です。

認知症介助士に関して

認知症介助士の概要について説明しておきます。

試験地
  • ご自宅で通信講座を受験
受験資格
  • 年齢制限関係なく、誰でも受験する事が可能。

受験料
  • 29,000円
試験日
  • 随時
試験概要
  • 30問(選択肢)/45分
試験範囲
  • 認知症介助士の基本理念
  • 高齢社会の理解
  • 認知症の基礎知識
  • 認知症の人への介助
  • 認知症の予防
  • 体験談・事例集
  • 関連法規および制度など
  • 1問1点の30点満点、24点以上で合格
申し込み方法

認知症介助士の勉強方法について

主に勉強方法としては、

基本的に、認知症介助士の資格は、通信講座で勉強し、資格を取得する事になります。
独学で勉強をして、試験を受けるという事はできないので、通信講座の受講をお願いします。

資格取得の流れ
  1. 講座を受講する(通信講座)
  2. 検定試験を受験し、合格する(ご自宅で可能)
  3. 試験合格後認定上をもらう

認知症介助士は、とにかく『テキストをこなす』が大切となる試験です。

このように勉強を進めていくことで、インプットするだけでなく、
アウトプットする事もできるので効果は抜群です。

アウトプットする事で知識はしっかりと身についていきますので、
問題集を用いて何度もアウトプットするようにしていきましょう。

認知症介助士 おすすめ通信講座


受講価格 29,000円
講座内容 ・メインテキスト
・添削
・認知症予防アイデア100など
\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!