通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

介護・福祉・保育

福祉住環境コーディネーターとは?独学でも受かる勉強方法や勉強期間を紹介。おすすめテキストや問題集はこれ!

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障碍者にとって『安心に、安全で、暮らしていける住まい』を提案していく為の資格です。

福祉住環境コーディネーター

3級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
1ヵ月程 50%程 公的資格

(左右にスライド可能)

2級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
2ヵ月程 15%程 公的資格

(左右にスライド可能)

1級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
3ヵ月程 10%程 公的資格

(左右にスライド可能)

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者にとって『安心に、安全で、暮らしていける住まい』を提案していく為の資格です。

例えば、高齢者や障害者の動きやすくする為に、バリアフリーの住みやすい住環境を進めていくという事などです。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 保険・医療業界で働いている方!
  • 福祉関係のお仕事をされている方!
  • 建築・住環境分野で働いている方!

福祉住環境コーディネーターの資格を取得する事で、幅広い場面で活用する事ができます。

高齢化社会が進んでいるのにも関わらず、住環境コーディネーターは、現社会で全く足りていません。

福祉住環境コーディネーターの資格は、医療・福祉関連や建築・住宅関連のお仕事をされている方には特におすすめです。
それは、幅広い知識を身につける事ができ、就職や転職にもかなり有利に働くからです。

関連資格

【最短合格】介護支援専門員(ケアマネージャー)のおすすめテキストや問題集、勉強方法について 介護支援専門員 難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類 2か月程度 10%程...

福祉住環境コーディネーターに関して

福祉住環境コーディネーターの概要について説明しておきます。

試験地
  • 全国各地の商工会議所
受験資格
  • 1級:2級の合格者
  • 2級:特に年齢制限は無し。
  • 3級:特に年齢制限は無し。

受験料
  • 1級:11,000円
  • 2級:6,480円
  • 3級:4,320円
試験日
  • 1級:11月下旬頃(年1回)
  • 2級・3級:11月下旬頃、7月上旬頃(年2回)
試験概要
  • マークシートによる択一式(4肢択一・穴埋め問題)
試験範囲
3級の試験詳細はここをタップ
  1. 少子高齢社会と共生社会への道
  2. 福祉住環境整備の重要性・必要性
  3. 在宅生活の維持とケアサービス
  4. 健康と自立
  5. 障害者が生活の不自由を克服する道
  6. バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
  7. 生活を支えるさまざまな用具
  8. 住まいの整備のための基本技術
  9. 生活行為別に見る安全・安心・快適な住まい
  10. ライフスタイルの多様化と住まい
  11. 安心できる住生活
  12. 安心して暮らせるまちづくり
2級の試験詳細はここをタップ

3級の範囲と合わせて

  1. 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
  2. 福祉住環境コーディネーターの役割と機能
  3. 障害のとらえ方
  4. リハビリテーションと自立支援
  5. 高齢者・障害者の心身の特性
  6. 在宅介護での自立支援のあり方
  7. 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
  8. 障害別にみた福祉住環境整備
  9. 福祉住環境整備とケアマネジメント
  10. 福祉住環境整備の進め方
  11. 福祉住環境整備関連職への理解と連携
  12. 相談援助の実践的な進め方
  13. 福祉住環境整備の共通基本技術
  14. 生活行為別福祉住環境整備の手法
  15. 建築図面の読み方と建築関係法規の基礎
  16. 福祉用具の意味と適用
  17. 生活行為別にみた福祉用具の活用
1級の試験詳細はここをタップ

2級・3級の範囲と合わせて

  1. これからの社会に求められる福祉住環境整備
  2. 福祉住環境コーディネーター1級の目標と役割
  3. 地域で支える高齢者ケア
  4. 地域で支える障害者ケア
  5. 地域福祉の推進と福祉コミュニティ
  6. 福祉コミュニティづくり
  7. ユニバーサルデザインの概念および沿革
  8. ユニバーサルデザイン環境の整備手法
  9. 高齢者・要介護者向け住宅・施設の流れ
  10. 高齢者住宅・施設の種類と機能
  11. 障害者向け住宅および施設の種類と機能
  12. 福祉住環境のコーディネートの実際
  • □後半(記述式/2時間)
    実務能力(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力を問います。
  • 3級・2級とも100点満点中70点以上で合格
  • 1級:100点満点中70点以上+記述式100点満点中70点以上
申し込み
  • 「東京商工会議所 検定センター」

福祉住環境コーディネーターの勉強方法について

主に勉強方法としては、

基本的に、福祉住環境コーディネーターの資格は、1級・2級合格率が近年とても低くなっています。
独学で勉強していくには、しっかりとした対策が必要とされますので、
通信講座などを活用して勉強していくことをおすすめします。

勉強方法の流れ
  • まず参考書を軽く一周読んでみる
  • 過去問題集を解いてみる
  • 過去問題集で間違った問題を参考書を用いて確認
  • もう一度参考書を読んで覚えていく
  • 過去問題集を繰り返し行う

福祉住環境コーディネーターは、とにかく『暗記と過去問を繰り返す』が大切となる試験です。

このように勉強を進めていくことで、インプットするだけでなく、
アウトプットする事もできるので効果は抜群です。

アウトプットする事で知識はしっかりと身についていきますので、
問題集を用いて何度もアウトプットするようにしていきましょう。

福祉住環境コーディネーター おすすめ通信講座


受講価格 49,000円
講座内容 ・メインテキスト
・添削
・教材DVD
・課題ノート
・実務ハンドブック
など

福祉住環境コーディネーター おすすめ参考書・問題集

本書は、公式が出版している福祉住環境コーディネーターの参考書です。
受験される方は、必ず購入して最低1周は読むようにしましょう。
本書は、本書は福祉住環境コーディネーター検定試験を学べる、東京商工会議所の「公式テキスト改訂5版」に完全対応した問題集です。
直近過去問題4回分と予想模擬問題2回分が含まれているので自分の実力を測るのに最適な問題集でしょう。
本書は、重要事項を効率的に学習できる○×形式の一問一答集です。
過去の試験問題を徹底的に分析した厳選800問。試験直前の要点整理に大活躍する一冊です。
\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!