通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

法律・ビジネス

【短期間合格!】衛生管理者[1種・2種]の勉強方法やおすすめテキスト・問題集について | 勉強時間や合格率は?

衛生管理者とは、社員の健康を保持・増進したり、職なの環境を管理したり、労働環境の改善をすることが出来る資格です。

衛生管理者

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
50~150時間程 1種:50%程
2種:45%程
国家資格

(左右にスライド可能)

衛生管理者とは?

衛生管理者とは、簡単に述べると、職場における労働者の健康管理や快適に働く事ができる環境作りをしていく専門家の事を指します。

主に衛星管理者の仕事としては、

  • 社員の健康を保持・増進する事
  • 職場の環境を管理する事
  • 労働環境の改善をする事

という風に3つに分ける事が出来ます。

衛星管理者1種と2種の違いについて

第一種衛生管理者免許を有する者は、すべての業種の事業場において衛生管理者となることができます。

 第二種衛生管理者免許を有する者は、有害業務と関連の少ない情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者となることができます。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 昇進・昇給につながる!
  • 転職や就職でのアピールに!
  • 定年後対策にもぴったり!

衛星管理者の資格は、今あまり足りていません。
労働安全衛生法というものがあり、それによると、職場に50人以上の働く事業場だと、衛星管理者を1人置かないといけないとされています。

しかし、圧倒的に人手が今足りていないので、資格を取得しておくことで、
転職・就職の面接などでアピールする事が出来る強力なものとなります。

また、資格を持っている事で定年後に再就職する事が有利に働く可能性があります。

衛生管理者に関して

衛生管理者の概要について説明しておきます。

試験地
受験資格
  • 次のうちいずれか一つに該当すれば、受験できます。
    • 大学または高等専門学校(短大を含む)の卒業者:労働衛生の実務経験1年
    • 高等学校の卒業者:労働衛生の実務経験3年
    • 中学校の卒業者:労働衛生の実務経験10年
      など

受験資格の詳細は、公益財団法人 安全衛生技術試験協会 の試験情報ページをご覧ください。

受験料
  • 各6,800円
試験日
  • 各地域の安全衛生技術センター(全国7ブロックに分けられている)にて、
    毎月1~5回程度行なわれます。(実施日は各地域により異なる)
試験内容
  • 第一種
    • 労働衛生17問 ・関係法令17問 ・労働生理10問 (計44問)
  • 第二種
    • 労働衛生10問 ・関係法令10問 ・労働生理10問 (計30問)
  • 第1種(以下を満たした者が合格)
    • 科目の範囲ごとに40&以上の得点率
    • 合計点が満点の60%以上の得点率
  • 第2種(以下を満たした者が合格)
    • 科目の範囲ごとに40&以上の得点率
    • 合計点が満点の60%以上の得点率
申し込み方法

衛星管理者の勉強方法について

主に勉強方法としては、

基本的に、サービス接遇検定の資格は、準1級以上は、講座などを用いて勉強する事をおすすめします。

  1. 参考テキストをとりあえず1周読む
  2. 問題集を使って過去問を解いてみる
  3. 間違った問題をテキストを用いて復習&確認する
  4. もう一度テキストを読み返す
  5. 繰り返し問題集を行う

衛生管理者は、とにかく『暗記と理解』が大切となる試験です。

このように勉強を進めていくことで、インプットするだけでなく、
アウトプットする事もできるので効果は抜群です。

アウトプットする事で知識はしっかりと身についていきますので、
問題集を用いて何度もアウトプットするようにしていきましょう。

衛生管理者 おすすめ通信講座について


受講価格 39,000円
講座内容 ・メインテキスト6冊
・添削4回
・合格問題集3冊
・重要ポイント総まとめなど

衛生管理者 おすすめ参考書・問題集

本書は、過去問を詳細に分析し、合格に必要な頻出テーマをピックアップしました。
1テーマを見開き2ページでコンパクトに整理しました。理解と記憶のスピードアップのために、図表・イラストを数多く収録しました。
「出題パターン」では過去問から作成した○×問題で理解度をチェックできます。
試験前には「ポイント」のみをチェックすることで知識の総まとめが可能です。
本書は、6回分の公表過去問題を本試験の出題順に掲載!
詳細でわかりやすい解説!巻末の「要点整理」で重要事項がわかる!
\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!