通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

ITサービスマネージャー

【短期合格】ITサービスマネージャ合格する為におすすめの参考書や問題集・効率的な勉強方法を紹介【論文対策はどうする?】

ITサービスマネージャとは、情報システムの運用・管理に関する専門能力を認定する国家資格です。

ITサービスマネージャ

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
150時間程 14% 国家資格

(左右にスライド可能)

ITサービスマネージャとは?

ITサービスマネージャとは、情報システムの運用・管理に関する専門能力を認定する国家資格です。

顧客ニーズを踏まえ、日々の継続的改善を通じて高品質なITサービスを最適なコストで安定的に提供し、IT投資効果を最大化できるITサービスマネージャを目指す方に最適です。

主にITサービスマネージャーの仕事とは、ITサービスの品質とコスト効率の継続的な工場を目的として、ITサービスをマネジメントする業務に従事し、役割を果たすことです。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • IT系の就職や転職活動でのアピールに!
  • 情報システム系、ネットワーク系関連で活躍したい方!
  • 未経験でもコンピュータ知識を証明できる!
  • 中小企業診断士や弁理士試験、技術士試験などの一部免除が受けられる

ITサービスマネージャの資格取得する事で、以下のようなメリットが考えられます。

就職活動や転職活動で、ITサービスマネージャの資格を持っていることでアピールする事が出来ます
何も資格を持っていない人と、ITサービスマネージャーの資格を持っているかでは、
相手から見てのやる気などの見え方が変わるので、情報システム系やネットワーク系の企業に就職する予定の方は持っておくといいです。

関連する資格として、情報セキュリティの資格を持っておくと更に良いです。

【最短1カ月合格】情報セキュリティマネジメントの勉強方法やおすすめ参考書・問題集(Web問題)を紹介! 情報セキュリティマネジメント 難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類 200時...

ITサービスマネージャ試験に関して

ITサービスマネージャの概要について説明しておきます。

試験地
  • 全国主要都市
受験資格
  • 年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。

受験料
  • 5,700円
試験日
  • 10月第3日曜日
試験内容
午前Ⅰ 午前Ⅱ 午後Ⅰ 午後Ⅱ
試験時間 9:30~10:20
(50分)
10:50~11:30
(40分)
12:30~14:00
(90分)
14:30~16:30
(120分)
出題形式 多肢選択式
(四肢択一)
多肢選択式
(四肢択一)
記述式 論述式
出題数
解答数
出題数:30問
解答数:30問
出題数:25問
解答数:25問
出題数:3問
解答数:2問
出題数:2問
解答数:1問

(左右にスクロール可能)

試験出題範囲

試験要綱Ver.4.3から最新情報を確認する事ができます。

午前Ⅰ試験の詳細はこちらをタップ
  • テクノロジ系
    • 1. 基礎理論
      1. 離散数学
      2. 応用数学
      3. 情報に関する理論
      4. 通信に関する理論
      5. 計測、制御に関する理論
      6. データ構造
      7. アルゴリズム
      8. プログラミング
      9. プログラム言語
      10. その他の言語
    • 2. コンピュータシステム
      1. プロセッサ
      2. メモリバス
      3. 入出力デバイス
      4. 入出力装置
      5. システムの構成
      6. システムの評価指標
      7. オペレーティングシステム
      8. ミドルウェア
      9. ファイルシステム
      10. 開発ツール
      11. オープンソースソフトウェア
      12. ハードウェア
    • 3. 技術要素
      1. ヒューマンインターフェース技術
      2. インターフェース設計
      3. マルチメディア技術
      4. マルチメディア応用
      5. データベース方式
      6. データベース設計
      7. データ操作
      8. トランザクション処理
      9. データベース応用
      10. ネットワーク方式
      11. データ通信と制御
      12. 通信プロトコル
      13. ネットワーク管理
      14. ネットワーク応用
      15. 情報セキュリティ
      16. 情報セキュリティ管理
      17. セキュリティ技術評価
      18. 情報セキュリティ対策
      19. セキュリティ実装技術
    • 4. 開発技術
      1. システム要件定義
      2. システム方式設計
      3. ソフトウェア要件定義
      4. ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計
      5. ソフトウェアコード作成及びテスト
      6. ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト
      7. システム結合・システム適格性確認テスト
      8. ソフトウェア導入
      9. ソフトウェア受入れ
      10. ソフトウェア保守
      11. 開発プロセス
      12. 知的財産適用管理
      13. 開発環境管理
      14. 構成管理・変更管理
  • マネジメント系
    • 5. プロジェクトマネジメント
      1. プロジェクト統合マネジメント
      2. プロジェクト・スコープ・マネジメント
      3. プロジェクト・タイム・マネジメント
      4. プロジェクト・コスト・マネジメント
      5. プロジェクト品質マネジメント
      6. プロジェクト人的資源マネジメント
      7. プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
      8. プロジェクト・リスク・マネジメント
      9. プロジェクト調達マネジメント
    • 6. サービスマネジメント
      1. サービスマネジメント
      2. 運用設計・ツール
      3. サービスサポート
      4. サービスデリバリ
      5. サービスマネジメント構築
      6. ファシリティマネジメント
      7. システム監査
      8. 内部統制
  • ストラテジ系
    • 7. システム戦略
      1. 情報システム戦略
      2. 業務プロセス
      3. ソリューションビジネス
      4. システム活用促進・評価
      5. システム化計画
      6. 要件定義
      7. 調達計画・実施
    • 8. 経営戦略
      1. 経営戦略手法
      2. マーケティング
      3. ビジネス戦略と目標・評価
      4. 経営管理システム
      5. 技術開発戦略の立案
      6. 技術開発計画
      7. ビジネスシステム
      8. エンジニアリングシステム
      9. e-ビジネス
      10. 民生機器
      11. 産業機器
    • 9. 企業と法務
      1. 経営・組織論
      2. OR・IE
      3. 会計・財務
      4. 知的財産権
      5. セキュリティ関連法規
      6. 労働関連・取引関連法規
      7. その他の法律ガイドライン・技術者論理
      8. 標準化関連

午前試験Ⅱの詳細はこちらをタップ
  • テクノロジ系
    • コンピュータシステム
      1. コンピュータ構成要素
      2. システム構成要素
    • 技術要素
      1. データベース
      2. ネットワーク
      3. セキュリティ
  • マネジメント系
    • プロジェクトマネジメント
      • プロジェクトマネジメント
    • サービスマネジメント
      • サービスマネジメント
      • システム監査
  • ストラテジ系
    • 企業と法務
      • 法務
午後試験Ⅰ・Ⅱの詳細はこちらをタップ

(午後Ⅰ:記述式、午後Ⅱ:論述式)

  • サービスサポート及びサービスデリバリに関すること
  • システムの運用管理に関すること
  • ITサービスの継続的改善とITサービスマネジメントの報告に関すること
  • 情報セキュリティの運用・管理に関すること
  • カスタマーサービスに関すること
合格基準
  • 午前試験Ⅰ:100点満点中60点以上
  • 午前試験Ⅱ:100点満点中60点以上
  • 午後試験Ⅰ:100点満点中60点以上
  • 午後試験Ⅱ:ランクA
申し込み方法

ITサービスマネージャの勉強方法について

主に勉強方法としては、

  • 独学

基本的に、ITサービスマネージャーの資格は独学で勉強する事となります。
有名な「ユーキャン」や「ヒューマンアカデミー」などで講座は開講されていません。

独学

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. 午前試験Ⅰ、Ⅱの対策として、参考書をさらっと1周読む
  2. 午前試験Ⅰ・Ⅱの問題集を解き、理解していく
  3. 過去問を繰り返し解き、苦手運やの理解をする
  4. 論文試験の対策本を読む
  5. 過去問をひたすら繰り返す

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、サンプル問題などでアウトプットする事ができるので、脳への定着率は抜群とあがります。

ITサービスマネージャは、とにかく『暗記と理解』が大切となる試験です。

午前試験Ⅰ、午前試験Ⅱの対策

午前試験Ⅰでは、応用情報技術者試験の午前問題程度の問題が出題されます。

午前試験Ⅱでは、サービスマネージャーとしての基礎知識が出題されます。

基本的には、過去の問題と同一、類似問題が出題されますので、
過去問をしっかりと繰り返して解き、設問内容や解答内容を理解する事が大切とされます。

過去問題集と応用技術者試験の問題、直近2年分は解くようにしましょう。

午後試験Ⅰ、午後試験Ⅱの対策

午後試験Ⅰでは、サービスオペレーション、サービスデザイン、サービストランジションの分野について、偏った学習ではなく、幅広い学習が望まれます。

午後試験Ⅱでは、しっかりと論述式試験の対策を必要とされます。

(1)問題の趣旨に沿った論文設計
(2)論文設計内容に沿った論述
これら二つを分けて習得して演習するとよいでしょう。

参考書として、「合格論文の書き方・事例」というものがあるので活用していきましょう。

ITサービスマネージャ おすすめ参考書・問題集について

ITサービスマネージャを取得するのにオススメの参考書を紹介

午前試験Ⅰ、Ⅱ対策
本書は、情報処理技術者試験「高度」および情報処理安全確保支援士試験の午前試験に特化した、プロ講師がセミナー会場で教える楽な点の取り方を教える攻略本の第3版です。
クイズ式のヒントで、意識せずともつい正解を覚えてしまう最強の学習法
試験前の一夜漬けにピッタリな「速攻サプリ」付き。
本書は、情報処理技術者試験における、すべての高度系試験の午前1・2対策可能。
再出題可能性の高い問題を厳選しているので、無駄なく効率よく学ぶことが出来ます。
他試験から再出題される可能性がある問題をチェックもでき、試験区分とレベルを明示してあるので、自分に必要な問題が一目でわかります。
本書は、ITサービスマネージャ試験に必要な知識を習得していただくための基本テキストです。
本書は、ITIL(R)2011Edition、ITIL(R)v3、JIS Q 20000-1:2012に準拠し、
ITサービスマネジメントや情報システムの運用管理にかかわる幅広い知識や技術、ノウハウについて解説しています。
午後試験Ⅰ対策
本書は、最新の本試験傾向に対応!午前2試験に必要な基礎知識について、ポイントを絞って解説!
午後1「重点解説」…問題文をパーツに分割して詳細に解説。
「演習問題」…過去問題の演習で、実力アップを目指す。
午後2合格復元論文の添削内容を掲載。
午後試験Ⅱ対策
過去問題やオリジナル問題を使い、時間内に論文を設計し、合格レベルに仕上げるにはどうすればいいのか。
一つ一つ確認しながら進めていきます。午後1問題の事例を使って、論文を設計する方法も説明しています。
巻末ワークシートを使いながら、実践形式で、論文に対する恐怖感を払拭していきます。第2部には専門家による論文が35本も掲載されています。
\知っておかないと損!/
オススメ参考書をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ参考書!