通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

ITストラテジスト試験

【独学でも受かる】ITストラテジスト試験の勉強方法やおすすめ参考書、問題集を紹介!対策勉強時間はどれくらい?

ITストラテジスト試験とは、経営戦略に基づいてIT戦略を策定し、ITを高度に活用した事業革新、業務改革、及び競争優位を獲得する製品・サービスの創出を企画・推進して、ビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す方に最適です。

ITストラテジスト試験

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
200時間~500時間程 14% 国家資格

(左右にスライド可能)

ITストラテジスト試験とは?

]ITストラテジスト試験とは、経営戦略に基づいてIT戦略を策定し、ITを高度に活用した事業革新、業務改革、及び競争優位を獲得する製品・サービスの創出を企画・推進して、ビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す方に最適です。

簡単に述べると、『経営とITを蒸すにつける戦略家』の事を指します。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • IT系の就職や転職活動でのアピールに!
  • 中小企業診断士や弁理士試験、技術士試験などで一部免除される
  • ITエンジニア関係で幅広い仕事にチャレンジしたい方!

ITストラテジスト試験の資格取得する事で、以下のようなメリットが考えられます。

就職活動や転職活動で、IT業界のエンジニアとして働きたいと思ったときに、この資格を持っているとアピールする事ができます。

また、中小企業診断士や弁理士、技術士などの試験を受験する時に、
一部免除が認められて試験を受験する事ができます。

技術士や中小企業診断士の詳細は、以下より確認ください。

【保存版】技術士補の勉強方法や勉強時間について徹底解説!今まで受からない人におすすめの過去問や参考書について 技術士 難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類 40時間程度 30%~6...
【社会人にオススメ】中小企業診断士の合格率・勉強方法・勉強時間などを紹介!おすすめの参考書はこれだ! 中小企業診断士 難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類 1000時間程度 5...

ITストラテジスト試験に関して

ITストラテジスト試験の概要について説明しておきます。

試験地
  • 全国各地50地区
受験資格
  • 年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。

受験料
  • 5,700円
試験日
  • 10月第3日曜日(年1回)
試験内容

(左右にスクロール可能)

午前Ⅰ 午前Ⅱ 午後Ⅰ 午後Ⅱ
試験時間 9:30~10:20
(50分)
10:50~11:30
(40分)
12:30~14:00
(90分)
14:30~16:30
(120分)
出題形式 多肢選択式
(四肢択一)
多肢選択式
(四肢択一)
記述式 論述式
出題数
解答数
出題数:30問
解答数:30問
出題数:25問
解答数:25問
出題数:4問
解答数:2問
出題数:3問
解答数:1問

(参考:情報処理推進機構

試験出題範囲

試験要綱Ver.4.3からも確認する事ができます。

午前試験Ⅰの詳細はこちらをタップ

午前試験Ⅰ

  • テクノロジ系
    • 基礎理論
      • 離散数学
      • 応用数学
      • 情報に関する理論
      • 通信に関する理論
      • 計測、制御に関する理論
      • データ構造
      • アルゴリズム
      • プログラミング
      • プログラム言語
      • その他の言語
    • 2. コンピュータシステム
      • プロセッサ
      • メモリ
      • バス
      • 入出力デバイス
      • 入出力装置
      • システムの構成
      • システムの評価指標
      • オペレーティングシステム
      • ミドルウェア
      • ファイルシステム
      • 開発ツール
      • オープンソースソフトウェア
      • ハードウェア
    • 3. 技術要素
      • ヒューマンインターフェース技術
      • インターフェース設計
      • マルチメディア技術
      • マルチメディア応用
      • データベース方式
      • データベース設計
      • データ操作
      • トランザクション処理
      • データベース応用
      • ネットワーク方式
      • データ通信と制御
      • 通信プロトコル
      • ネットワーク管理
      • ネットワーク応用
      • 情報セキュリティ
      • 情報セキュリティ管理
      • セキュリティ技術評価
      • 情報セキュリティ対策
      • セキュリティ実装技術
    • 4. 開発技術
      ① システム要件定義
      ② システム方式設計
      ③ ソフトウェア要件定義
      ④ ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計
      ⑤ ソフトウェアコード作成及びテスト
      ⑥ ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト
      ⑦ システム結合・システム適格性確認テスト
      ⑧ ソフトウェア導入
      ⑨ ソフトウェア受入れ
      ⑩ ソフトウェア保守
      ⑪ 開発プロセス
      ⑫ 知的財産適用管理
      ⑬ 開発環境管理
      ⑭ 構成管理・変更管理
  • マネジメント系
    • 5. プロジェクトマネジメント
      • ①プロジェクト統合マネジメント
      • プロジェクト・スコープ・マネジメント
      • プロジェクト・タイム・マネジメント
      • プロジェクト・コスト・マネジメント
      • プロジェクト品質マネジメント
      • プロジェクト人的資源マネジメント
      • プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
      • プロジェクト・リスク・マネジメント
      • プロジェクト調達マネジメント
    • 6. サービスマネジメント
      • サービスマネジメント
      • 運用設計・ツール
      • サービスサポート
      • サービスデリバリ
      • サービスマネジメント構築
      • ファシリティマネジメント
      • システム監査
      • 内部統制
  • ストラテジ系
    • 7. システム戦略
      • 情報システム戦略
      • 業務プロセス
      • ソリューションビジネス
      • システム活用促進・評価
      • システム化計画
      • 要件定義
      • 調達計画・実施
    • 8. 経営戦略
      • 経営戦略手法
      • マーケティング
      • ビジネス戦略と目標・評価
      • 経営管理システム
      • 技術開発戦略の立案
      • 技術開発計画
      • ビジネスシステム
      • エンジニアリングシステム
      • e-ビジネス
      • 民生機器
      • 産業機器
    • 9. 企業と法務
      • 経営・組織論
      • OR・IE
      • 会計・財務
      • 知的財産権
      • セキュリティ関連法規
      • 労働関連・取引関連法規
      • その他の法律ガイドライン・技術者論理
      • 標準化関連

午前試験Ⅱの詳細はこちらをタップ

午前試験Ⅱ

  • ストラテジ系
    • 7. システム戦略
      • システム戦略(4)
      • システム企画(4)
    • 8. 経営戦略
      • 経営戦略マネジメント(4)
      • 技術戦略マネジメント(3)
      • ビジネスインダストリ(4)
    • 9. 企業と法務
      • 企業活動(4)
      • 法務(3)
午後試験Ⅰ・Ⅱの詳細はこちらをタップ

  午後試験Ⅰ・Ⅱ
(午後Ⅰ:記述式、午後Ⅱ:論述式)

  1. 業種ごとの事業特性を反映し情報技術を活用した事業戦略の策定または支援
  2. 業種ごとの事業特性を反映した情報システム戦略と全体システム化計画の策定
  3. 業種ごとの事業特性を反映した個別システム化構想・計画の策定
  4. 事業ごとの前提や制約を考慮した情報システム戦略の実行管理と評価
  5. 組込みシステムの企画、開発計画の策定・推進
合格基準
  • 午前試験Ⅰ:100点満点中60点以上
  • 午前試験Ⅱ:100点満点中60点以上
  • 午後試験Ⅰ:100点満点中60点以上
  • 午後試験Ⅱ:ランクA
申し込み方法

ITストラテジスト試験の勉強方法

主に勉強方法としては、

  • 独学

基本的に、ITストラテジストの資格は独学で勉強する事となります。
有名な「ユーキャン」や「ヒューマンアカデミー」などで講座は開講されていません。

独学

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. 参考書をとりあえずさらっと1周読む
  2. もう1周しっかりと読みこむ
  3. 過去問題に挑戦する
  4. 間違った問題を参考書を用いて確認する
  5. 過去問をひたすら繰り返す

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、過去問などでアウトプットする事ができるので、
脳への定着率は抜群とあがります。

ITストラテジスト試験は、とにかく『暗記と理解』が大切となる試験です。

ITストラテジストの試験は、過去に出題された問題がそのまま出されることがあります。
だから、過去問を繰り返し説き、解答を暗記してしまうくらいの勢いで学習を進めましょう。

そして、午後試験にしっかりと慣れておく必要があります。
午後試験の対策としては、普段から手書きに慣れておくという事です。
そして、過去問や参考書から、記述の方法や論文の書き方を勉強しましょう!

しっかりと過去問題集や参考書を読み進めて、分からない部分があれば
誰かに聞く事や知恵袋で質問してみるなどをして、理解するようにしましょう。

ITストラテジスト試験 おすすめ参考書・問題集

ITストラテジスト試験を取得するのにオススメの参考書や問題集を紹介

本書は、プロ講師が教えるツボとコツ!苦しむ「問題集」にサヨナラ、「解き方・点の取り方」を攻めた本!
“現場のプロ”の「午前」逃げ切りは、「覚えながら解く」が正解!効率的・効果的な学習をサポート!
逆転の発想、クイズ式のヒントで「つい正解を覚えてしまう」本!
“一夜漬け”もコレ!「午前1」正解集の632問「速効サプリ」!
本書は、「試験突破」にのみ焦点を当て、1冊で効率良く知識を吸収して演習することを目標に作成されています。
高頻出度の過去問題で実力を磨くことができます!
本書は、最近の出題傾向を理解するための平成31年度春期試験の分析,直近3期分の本試験問題とその詳細な解答解説を収録しています。
\知っておかないと損!/
オススメ参考書をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ参考書をCheck!