通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

Javaプログラミング能力認定試験

【Javaおすすめ資格】Javaプログラミング能力認定試験の勉強方法や勉強時間を紹介!おすすめの参考書や問題集 【テックアカデミー】

Javaプログラミング能力認定試験とは、Java™に関する基本知識を有し、オブジェクト指向に基づくアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力を認定します。

Javaプログラミング能力認定試験

3級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
60~80時間 —– 民間資格

(左右にスライド可能)

2級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
100時間程 —– 民間資格

(左右にスライド可能)

1級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
100~130時間程 —– 民間資格

(左右にスライド可能)

Javaプログラミング能力認定試験とは?

Javaプログラミング能力認定試験とは、Javaの入門者から上級者まで、幅広くプログラミングやシステム・エンジニアとして活躍する為の知識を養う事が出来る資格です。

Javaは全世界で使われているとても活躍の場の広いプログラミング言語です。
Javaプログラミング能力認定試験では、基本情報技術者試験の午後の試験対策としても最適とされています。

【短期間で必ず合格】基本情報技術者(午前・午後試験)のおすすめ勉強方法!初心者・文系にオススメの参考書や通信講座を紹介! 基本情報技術者 難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類 1年以内 25%前後 ...

Javaについて学んでいきたい・今学んでいるという方は、この資格の勉強も行う事でしっかりと能力が身に付きます。

Javaプログラミング能力認定試験認定基準について

3級

Java™に関する基本的な知識を有し、簡単なプログラムが書ける。
オブジェクト指向についての基本的な概念を理解している。

2級

Java™に関する一般的な知識を有し、小規模なプログラム(アプリケーション、アプレット)が適切に書ける。オブジェクト指向についての一般的な概念を理解している。

1級

オブジェクト指向に基づく分析・設計(UML)により業務システムの流れを把握し、変更仕様に従ってプログラムの保守ができる能力を有する。なおUMLの表記はユースケース図、シーケンス図、クラス図などの基本的な知識を有する。

(参考:サーティファイ

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • IT系の就職や転職活動でのアピールに!
  • ITエンジニア関係の仕事の補強に!
  • 実務経験がない学生の方に!
  • フリーランスで仕事を受注したい方に!

Javaプログラミング能力認定試験を取得する事で、以下のようなメリットが考えられます。

就職活動や転職活動で、IT業界のエンジニアとして働きたいと思ったときに、この資格を持っているとアピールする事ができます。

Javaは汎用性が高く、多くのIT業界で必須とされているものです。
Javaの実務経験が無かったとしても資格を所有していることで自分にはやる気と知識があるという事をアピールする事が出来るのはかなり違いが出てきます。

そして、Javaプログラミング能力認定試験は、ビジネスシーンで活かせる資格として上位にあたります。

受験制限などもないので、学生から目指せる資格なのでとてもおすすめです。

Javaプログラミング能力認定試験に関して

Javaプログラミング能力認定試験の概要について説明しておきます。

試験地
  • 札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
    ➡公開試験の受験を希望される方は、「公開試験会場」ページをご参照ください。
受験資格
  • 年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。

受験料
  • 1級:7,600円
  • 2級:6,200円
  • 3級:5,100円
試験日
  • 1級:6月中旬頃(年1回のみ)
  • 2級:6月中旬頃・1月下旬頃(年2回)
  • 3級:6月中旬頃、9月上旬頃、1月下旬頃(年3回)
試験内容
  • 1級:150分・実技試験(パソコン使用)
  • 2級:90分、筆記試験(多肢選択解答形式・マークシート形式)
  • 3級:60分、筆記試験(多肢選択解答形式・マークシート形式)

試験出題範囲
1級詳細はこちらをタップ
2級詳細はこちらをタップ

(左右にスクロール可能)

演算子
  • ビット演算子(&、^、|、?)
  • シフト演算子(<<、>>、>>>)
  • 代入演算子(&=、^=、|=、<<=、>>=、>>>=)
  • instanceof演算子
クラスと継承
  • クラスの修飾子 (省略時)、public、final、abstract
  • 継承とは extends
  • コンストラクタ
  • 型変換(キャスト)
  • thisとsuper
  • インタフェース implements
変数とメソッド
  • 変数とメソッドの修飾子 (省略時)、public、protected、private、final、static
  • オーバーライドとは
  • オーバーロードとは
総称
  • 総称とは
  • コレクションクラス
パッケージ
  • パッケージとクラスパス
  • クラスパス
  • パッケージの定義 package
  • パッケージの利用 import
例外処理
  • 例外の定義
  • 例外処理 try~catch
  • throw
  • throws
スレッド
  • スレッドとは
  • スレッドの作成
クラスライブラリ java.lang、java.util、java.io
3級詳細はこちらをタップ

(左右にスクロール可能)

Javaの基礎
  • Javaの特徴
  • Javaプログラム
  •  アプリケーションとアプレット
  •  バイトコードとJVM
  •  作成ルールと実行の手順
  • オブジェクト指向の基本的概念
  • オブジェクト、クラス、メソッド、メンバ変数、メッセージ、インスタンス、継承、カプセル化(private修飾子含む)等
Javaの扱う
データ
  • 基本データ型 byte、short、int、long、float、double、char、boolean、enum
  • 配列 基本データ型の配列、オブジェクトの配列
演算子
  • 算術演算子(+、-、*、/、%)、代入演算子(=、+=、-=、*=、/=、%=)、インクリメント演算子(++)、デクリメント演算子(- -)、関係演算子(<、>、<=、>=)、等値演算子(==、!=)、論理演算子(&&、||、!)、条件演算子(? :)、文字列の連結(+)、new演算子
  • 演算子の優先順位、基本データ型の型変換(キャスト)
制御文 if、switch、for、while、do、break、continue、return、拡張for
クラスとメソッド
  • クラスの定義
  • メソッド 定義、戻り値、引数、main()
  • クラスライブラリ
  •  java.lang(Stringクラス、StringBufferクラス、Mathクラス、Integerクラス等)、java.io

(詳しくは公式ホームページより)

合格基準
  • 1級~3級:満点中60%以上
申し込み方法

Javaプログラミング能力認定試験の勉強方法

主に勉強方法としては、

のどちらかになります。

Javaプログラミング能力認定試験は基本的に独学で勉強することになります。
この資格専用の講座というものはありません。
将来的に用いて活躍していきたいと考えている方は、『プログラミングスクール』でしっかりと学ぶ事をおすすめします。

それぞれ説明の方をさせて頂きます。

独学

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. まず初心者は公式推薦参考書をさらっと1周読む
  2. 公式過去問題集を解く
  3. 間違った問題を参考書やネットでぐぐって確認
  4. ひたすら問題集サンプル問題集を繰り返す
  5. Progateなどを用いてJavaに慣れる

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、過去問などでアウトプットする事ができるので、
脳への定着率は抜群とあがります。

Javaプログラミング能力認定試験は、とにかく『慣れと暗記』が大切となる試験です。

その為に問題集や実際にProgateを使って打ってみるなどを行い身につけていきましょう。

Javaプログラミング能力認定試験 おすすめプログラミングスクール

プログラミングスクール
受講価格 109,000円~
おすすめポイント ・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
・受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

(左右にスライド可能)

Javaプログラミング能力認定試験 おすすめ参考書・問題集

Javaプログラミング能力認定試験を取得するのにオススメの参考書や問題集を紹介

本書は、サーティファイが推薦する参考書です。
Javaの基礎からオブジェクト指向まで、Javaの「なぜ?」がわかる丁寧な解説と約300点の豊富なイラストで、楽しく・詳しく・スッキリとマスターできる構成となっています。
初心者が安心して学習できるように、ブラウザ上でコーディング、コンパイル、実行ができる仮想開発環境「dokojava」と、巻末付録にはエラーを解決しやすい「虎の巻」を用意しています
本書は、公式が出版する問題集です。
平成26年度から平成28年度に出題された過去問題6回分を掲載しています。
必ず購入しておきましょう。
本書は、サーティファイ公式が推薦する参考書です。
Java言語を使って、はじめてプログラミング言語を学ぶ人のための独習書です。初心者でもわかりやすい説明と、入門書ながらもSun Microsystems社のSJC-P試験の出題範囲に対応した詳しい解説のJava入門の決定版です。本書は、準備編、文法とプログラミング編、オブジェクト指向編から成っており、各章の説明を読み、解説されている例題プログラムを自分で作成し、その後練習問題を解き、まとめを読むというパターンで学習を進めます。さらに、通過テストによってこの先に進むか、もう一度復習するのかを判定するため、しっかり理解できます。


\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!