通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

建設業経理士

【独学で合格は無理?】建設業経理士検定の勉強方法やおすすめテキストを紹介 | 試験内容・おすすめ通信講座も【1級/2級/3級/4級】

建設業経理士検定とは、建設業経理に関する知識の向上を図ることを目的として国土交通大臣の登録を受け、本財団が実施する検定試験です。

建設業経理士検定

1級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
100~150時間程 財務諸表:24%
財務分析:27%
原価計算:23%
民間資格

(左右にスライド可能)

2級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
50~100時間程 30%程 民間資格

(左右にスライド可能)

3級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
50時間程 64%程 民間資格

(左右にスライド可能)

4級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
50時間程 80%程 民間資格

(左右にスライド可能)

建設業経理士検定とは?

建設業経理士検定とは、建設業に関連する会計知識であったり、会計処理の能力を持った建設業経理のプロの事を指します。

建設業者が健全な発展を図るうえで、適正な経理と計数を行うことは必要不可欠である一方、建設業は受注産業であり会計処理に特殊な点が多いことから、財務・経理の担当者は高い専門性が求められます。

その建設業経理に関する知識の向上を図ることを目的としています。

中でも1級、2級合格者は、公共工事の入札可否の判断の資料となる経営事項審査の評価対象の1つになっています。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 建設会社や工務店などへの就職で!
  • 全国で職場が見つけやすい!
  • 一度取得する事で、一生役立てる事が出来る!

建設業経理士の資格を取得する事で、建設業界へ就職する際に強力な武器となります。

それは、建設業への経理に特化した資格であるので、一般的な経理の職よりも専門性が高いと周りから認められ、アピールを強くする事ができるからです。

また、国内の建設業許可業者数は、約46万業者という多さであり、
数多くありますので、全国どこでも就職する事が可能という事になります。

建設業経理士に関して

建設業経理士の概要について説明しておきます。

試験地
  • 上期:全国47地区
  • 下期:全国52地区

詳しくは、一般財団法人 建設業振興基金よりご確認ください。

受験資格
  • どなたでも、希望の級を受験することができます。
    ただし、1級と他の級との同日受験はできません。同日での1級の複数科目受験は可能です

受験料
  • 1級3科目:13,680円
  • 1級2科目:10,600円
  • 1級1科目:7,410円
  • 2級:6,280円
  • 3級:5,250円
  • 4級:4,220円
試験日
  • 1級・2級
    • 3月上旬頃
    • 9月上旬頃
  • 3級・4級
    • 3月上旬頃
試験内容
  • 大問5問、記述形式(計算問題)
試験範囲
1級の詳細はこちらをタップ
  • 内容:建設業原価計算、財務諸表、及び財務分析
  • 程度:上記の建設業簿記、建設業原価計算及び会計学を修得し、会社法その他会計に関する法規を理解しており、建設業の財務諸表の作成及びそれに基づく経営分析が行えること。

(より詳しい出題範囲に関しては、こちらをクリック)

2級の詳細はこちらをタップ
  • 内容:建設業の簿記、原価計算及び会社会計
  • 程度:基礎的な建設業簿記の原理及び記帳並びに初歩的な原価計算を理解しており、決算等に関する初歩的な実務を行えること。

(より詳しい出題範囲に関しては、こちらをクリック)

3級の詳細はこちらをタップ
  • 内容:簿記のしくみ
  • 程度:初歩的な建設業簿記を理解していること。

(より詳しい出題範囲に関しては、こちらをクリック)

4級の詳細はこちらをタップ
  • 内容:建設業原価計算、財務諸表、及び財務分析
  • 程度:上記の建設業簿記、建設業原価計算及び会計学を修得し、会社法その他会計に関する法規を理解しており、建設業の財務諸表の作成及びそれに基づく経営分析が行えること。

(より詳しい出題範囲に関しては、こちらをクリック)

  • 100点満点中70点以上の得点率で合格
申し込み方法

建設業経理士の勉強方法について

主に勉強方法としては、

基本的に、建設業経理士の資格は、2級以上となると難しく感じる方が多いです。
独学で受験されて落ちる可能性が高いので、ユーキャンなどの通信講座を活用するとよいでしょう。

  1. 参考テキストをとりあえず1周読む
  2. もう一度参考テキストを読み、分からない言葉をチェックする
  3. 問題集を使って実際に問題を解いてみる
  4. 間違った問題をテキストを用いて復習&確認する
  5. もう一度テキストを読み返す
  6. 繰り返し問題集を行う

衛生管理者は、とにかく『暗記と理解』が大切となる試験です。

このように勉強を進めていくことで、インプットするだけでなく、
アウトプットする事もできるので効果は抜群です。

アウトプットする事で知識はしっかりと身についていきますので、
問題集を用いて何度もアウトプットするようにしていきましょう。

建設業経理士 おすすめ通信講座について

受講価格 43,000円
講座内容 ・メインテキスト3冊
・添削5回
・はじめての簿記
・本試験対策トレーニング
・過去問題集など

建設業経理士 おすすめ参考書・問題集

本書は、各項目で、事例をもとにした解説と楽しいイラストを掲載。
ストーリー仕立てなので、実際の場面をイメージできてわかりやすいテキストです!
やさしいことばで書かれているので、簿記初学者の方でもスラスラ読めます。
本書は、テキスト『スッキリわかる』に完全対応!
「スッキリわかる」の章構成に対応した問題集です。
インプット&アウトプットの繰り返しに役立つ書籍となっています!
過去問題を徹底的に分析し、出やすい重要問題ばかりを並べています。
本書は、解説がわかりやすく、過去問演習にピッタリの1冊です!
最新を含む、過去12回分の過去問題を収載!
本書は、テキストと過去問題集を1冊にして一体型の効率学習を実現
合格に必要な各論点を学習する≪インプット≫と問題を解く≪アウトプット≫の回転をしやすくし、効率よく実力アップできるように工夫されています。
\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!