通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

土木・設備

造園施工管理の難易度は?確実に合格できるオンライン講座はこれ!おすすめ参考書と勉強方法を紹介!

施工管理技士とは、建設業法で定められた国家試験である「施工管理技術検定」の1級または2級合格者を指します。

造園施工管理技士

1級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
6か月 学科:
40%
実地:
35%
国家資格

(左右にスライド可能)

2級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
6か月 学科:
60%
実地:
40%
国家資格

(左右にスライド可能)

造園施工管理技士とは?

造園施工管理技士とは、屋上緑化・公園・庭園・道路緑化工事等、造園工事における適正な施工ための、主任技術者や管理技術者育成のために設置された国家資格です。

要するに簡単に言うと、

造園の分野で、施工計画から工程管理、資材調達、品質管理、安全管理などに携わる仕事。

1級と2級の違いは、1級を取得すると主任技術者の他に管理技術者になることができます。
これは、特定建設業者が請け負ったし設け契約の金額が4,000万円以上になる場合に、その工事現場に専任で配置しなければならない技術者です。

また、2級は、一般建設業において主任技術者となることができます。
主任技術者は、外注総額が4,000万円未満の元請業者や下請業者が直に雇用している技術者から、現場に配置しなければならない技術者を指します。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 昇進・昇給に直結!
  • 就職・転職にも有利!
  • 造園工事に関連する会社に重宝される!

造園施工管理技士の資格を取得しておくと、エクステリアや環境などの幅広い場で活躍する事ができるようになります。

工事の規模が大きくなるほど、適切な品質や工程、安全を管理できる造園施工管理技士の必要性が高まることになります。

造園施工管理技士の仕事は、今どんどん増えているので、取っておくとかなり得な資格です。

造園施工管理技士の試験に関して

造園施工管理技士の概要について説明しておきます。

試験地
  • 1級

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄

  • 2級

札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、沖縄

受験資格

造園施工管理技士の資格を取るには、実務経験が必要となります。
また、卒業した学科によって、必要な実務経験の年数に違いがあります。

2級
大学卒業者 短期大学
高等専門
学校卒業者
高等学校卒業者 その他
指定学科 1年以上 2年以上 3年以上 8年以上
指定学科以外 1年6ヶ月以上 3年以上 4年6ヶ月以上 8年以上

(左右にスライド可能)

1級
大学卒業者 短期大学
高等専門
学校卒業者
高等学校卒業者 その他
指定学科 3年以上 5年以上 10年以上 15年以上
指定学科以外 4年6ヶ月以上 7年6ヶ月以上 11年6ヶ月以上 15年以上
(左右にスライド可能)
受験料
2級
  • 学科・実地試験:10,400円
  • 実地試験のみ:5,200円
  • 学科試験のみ:5,200円
1級
  • 学科・実地試験:10,400円
  • 実地試験:10,400円

試験日
2級
  • 6月上旬頃(前期試験)
  • 11月中旬頃《後期試験、学科・実地試験)
1級
  • 学科試験:9月頃
  • 実地試験:12月頃
試験科目

学科試験

  •  土木工学等
  •  施工管理法
  •  法規

・造園工事の施工に必要な土木工学、園芸学、電気工学、機械工学及び建築学に関する概略の知識を有すること。

・設計図書を正確に読みとるための知識を有すること。

・施工管理法:造園工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する概略の知識を有すること。

・法規:建設工事の施工に必要な法令に関する概略の知識を有すること。

実地

  • 施工管理法

・工事の目的物に所要の外観、強度等を得るために必要な措置を適切に行うことができる一応の応用能力を有すること。

・設計図書に基づいて工事現場における施工計画を適切に作成すること、又は施工計画を実施することができる一応の応用能力を有すること。

合格基準

1級・2級共に満点中、60%以上の得点を取る事で合格となります。

申し込み方法

一般財団法人全国建設研修センターから申し込みする事ができます。

建築施工管理技士の効率の良い勉強方法

主に勉強方法としては、

  • 独学
  • 講座

のどちらかになります。

それぞれ説明の方をさせて頂きます。

独学

建築施行管理技士の学科試験は、全問マークシートで行われます。
比較的、選択肢があるので解答がしやすいと思われます。

また、実地試験は、実際に何かを行って評価されると思われている方も多くいらっしゃいますが、ここでの実地試験は、全て紙の上の試験となります。

独学で勉強していくとなると何から始めればいいか難しいと感じると思いますが、
売っている参考書をとりあえず1周さらっと読んでください。

そして、2周目からじっくりと理解しつつ覚えていきましょう。

1周さらっと読んでおくだけで、2周目からの内容の理解度がグッと上がります。

その際に一番オススメの参考書はこちらのものです。詳しくは、また下記の部分で参考書をまとめて紹介しているので参考にして下さい。

独学となると時間もかかり合格への近道とはなかなかなりません。
そういった際に、オンライン講座でサクっと学んで資格を取るのも一つの手なので紹介しておきます。

オンライン講座

主にオンライン講座を開講しているのは、以下の二つです。

  • 施行管理技士専門サポート事務局

それぞれ、試験にバッチリ合格へ導いてくれる講座を開設しています。
その中でも特にオススメの講座は、『施工管理技士専門サポート事務局』です。
他の会社とは違い、施工管理技士に特化しているサービスを提供しているので
かなり信頼度が高いです。

施工管理技士専門サポート事務局

施行管理技士専門サポート事務局とは、1級土木、1級建築施工など1級・2級施工管理技士試験を挑戦される方へ。独学サポートは管工事、造園、電気工事ほか舗装・建設機械などの実地試験の必須問題である工事経験記述論文の作文作成指導サービスを行っております。

こちらの強みは、本試験の実地試験のメインとされる工事経験記述対策について、受講者本人に合わせたオリジナル記述文を作成提供。
工事経験の少ない方や文章が苦手な方には最適です。

造園施工管理技士 オススメWEBオンライン講座

オススメは、『施工管理技士専門受験対策講座』なのでこちらを使う事をオススメします。

施工管理技士受験対策講座
価格(例1級) ・フルサポート:28,350円

・厳選教材セット:20,550円

・基本サービス:9,800円

受講内容 ・推薦教材のご案内

・受験対策ファイル(出題傾向を分析した資料及び独学学習の指標となる情報配信)

・サポートサービス(質問メールサービス・新規試験情報配信)

・添削サービス(実地試験必須の経験記述の作成指導及びプロによる添削チェック)※添削依頼回数は原則として5回迄、質問回答は無制限です。

・『実践!セコカン 確実に合格を勝ち取るための11のポイント』(実地編)

・モギ試験:本番の試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・配信

(左右にスライド可能)

造園施工管理技士 オススメ参考書

造園施工管理技士の資格を取得するのにオススメの参考書を紹介しておきます。
おすすめの順番で上から書いています。

本書は、各分野ごとに精通した4人の著者が最近の過去問題を重点的に「出題傾向」を分析。「チェックポイント」による豊富な写真とイラストを取り入れ丁寧に解説。
また、過去問題を徹底チェックし、厳選した問題を選択肢すべてにも詳細解説しています。

\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!