通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

建築・不動産

【最短で合格!】管理業務主任者のおすすめ通信講座やテキスト・過去問題集を紹介!【マンション管理士と管理業務主任者の違いとは】

管理業務主任者とは、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。

管理業務主任者

初級
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
6か月以上 22%程度 国家資格

(左右にスライド可能)

管理業務主任者とは?

管理業務主任者とは、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。

簡単に述べると、マンション管理業者が円滑に業務などを行えるようにする仕事をできる為の資格の事を指します。

マンション管理士と管理業務主任者の違いについて

マンション管理士は、専門的知識を持ち、マンションの管理に関し、管理組合の代表者である管理者等又は管理組合の構成員である区分所得有者等からの相談を受け、助言、指導などの援助を行う事を業務とする専門家の事を言います。

簡単に述べると、マンション管理士とは、管理組合の立場から、管理組合の運営等に関し、適切な助言等の支援を行うものの事を言います。

これに対して、管理業務主任者は、マンション管理業者の事務所ごとに置かれ、マンション管理業者が義務付けられた管理委受託契約に関わる重要事項の説明、管理業務の報告等の事務に当たるものであって、マンション管理業者が受託した管理業務の的確な実施を目的として設けられた資格者の事を言います。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 就職や転職活動で!
  • ビジネスシーンでの信頼度の向上!

管理業務主任者を取得することにより、就職活動・転職活動では勿論の事アピールする事が出来ます。

マンション管理士よりレベルが優しいので取得しやすいと考えられますが、この資格のみで就職となると難しいです。

しかし、近年マンションで生活をする人の数が増えてきています。
しかし、マンション管理士の資格を取得している人の数は足りていなく、相談したいという際に人手が足りておらず需要が高まっています。

だからこそ、先を見越して、管理業務主任者の資格を取得しておくと
有利に働くことが考えれるでしょう。

管理業務主任者と同時に、マンション管理士を取る事をおすすめします。
また、宅建なども合わせて持っておくとかなりつよいです。

【独学は厳しい?】マンション管理士を受かるには?一発で受かるweb講座やおすすめ勉強方法や参考書 | 【スタディングで合格!】 マンション管理士 難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類 6か月程度 8...
【宅建】大学生でも一発で合格!独学に役立つ参考書や勉強方法・順番を紹介!オススメの通信講座も! 宅地建物取引士 難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類 6ヶ月程 15%~20%...

管理業務主任者の試験概要に関して

管理業務主任者の概要について説明しておきます。

試験地
  • 北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県

受験資格
  • 年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。

受験料
  • 8,900円
試験日
  • 12月上旬頃
試験内容
  • 50問4肢選択/2時間

試験出題範囲
詳細はここをタップ

(左右にスライド可能)

 マンションの管理の適正化の推進に関する法律施行規則第64条で規定されている項目

想定される管理業務主任者試験の内容

1.管理事務の委託契約に関すること

民法(「契約」及び契約の特別な類型としての「委託契約」を締結する観点から必要なもの)、マンション標準管理委託契約書等

2.管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること

簿記、財務諸表論 等

3.建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること

建築物の構造及び概要、建築物に使用されている主な材料の概要、建築物の部位の名称等、建築設備の概要、建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令(建築基準法、水道法等)、建築物の劣化、修繕工事の内容及びその実施の手続に関する事項等

4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 等

5.1.から4.に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること

建物の区分所有等に関する法律(管理規約、集会に関すること等管理事務の実施を行うにつき必要なもの)等

(参考:マンション管理業協会

(詳しくは公式ホームページより)

合格基準
  • 55問中35問以上正解で合格圏内
申し込み方法

管理業務主任者の勉強方法を紹介!

主に勉強方法としては、

のどちらかになります。

管理業務主任者試験は、独学で合格する事は難しいです。
短期間で合格し、活用したいと考えている方は、通信講座を通してしっかりと学ぶ方がコスパはいいです。

独学

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. まずテキスト(参考書)をさらっと1周読む
  2. もう一度しっかりとテキスト(参考書)の内容を理解しつつ読む
  3. 過去問題集を使って分からない部分をチェック
  4. テキスト(参考書)と過去問題集を用いて、復習とアウトプットを行う
  5. 過去問題集をひたすら繰り返す

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、過去問などでアウトプットする事ができるので、
脳への定着率は抜群とあがります。

管理業務主任者の試験は、とにかく『暗記』が大切となる試験です。

その為にテキストを用いてマーカーなどを用いてしっかりと勉強を進めていきましょう。

管理業務主任者 おすすめWEB講座

管理業務主任者に効率的かつしっかりと学べる通信講座を紹介しておきます。

おすすめのオンライン講座は、『スタディング』です。

受講価格 36,800円~
受講内容 ・短期間合格セミナー
・基本講座(40時間分程)
・WEBテキスト
・スマート問題集
・セレクト過去問集
・マンション管理士難問解法講座
・参照条文集
【オンライン資格講座】社会人にオススメ資格サイト|STUDYing(スタディング)がオススメな理由と評判(口コミ) オンライン資格講座『スタディング』とは? スタディングとは、2008年いサービスが始まった...
受講価格 49,800円(キャンペーン価格)
受講内容 ・過去問題集4冊
・再現問題
・テキスト
・講義DVD
・模擬試験
・確認テストなど

管理業務主任者 おすすめテキスト・過去問題集

管理業務主任者の資格を取得するのにオススメの参考書を紹介します。

本書は、試験科目の多くが重なるマンション管理士試験と管理業務主任者試験は、効率よく学習すればダブル合格も狙えます。
過去10年分の出題傾向を徹底的に分析し、頻出テーマ、注意が必要な重要分野を理解の流れに沿って体系的にまとめました。
各項目ごと「見開き完結型」なので、苦手分野のチェックにも役立ちます。
本書は、平成23年~最新年度(平成30年)までの8年間分を年度別に収載。
専任講師による詳細な解説と,「プラスα」解き方のアドバイスを読めば理解度が早まります。解説の重要箇所は2色で色分けされており見やすい。計400問のボリューム!繰り返しの演習は短期間で合格レベルの実力が付きます。
本書は、直近の試験傾向をしっかり分析、出題可能性の高い項目に的を絞った「50問×3回分」計150問を難易度別に収録。
問題部分は取り外し式、自宅にいながら本番をばっちりシミュレートできます。


\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!