通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

Micro office Specialist

【MOS EXCEL スペシャリスト】PC触った事が無い人でも大丈夫!独学or講座で絶対に合格する勉強方法を紹介!おすすめの参考書も

Mos EXCELという資格は、Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィススペシャリスト)といい、マイクロソフトが認定するMicrosoft Officeに関する国際資格です。
Word,Excel,PowerPointなどの技術を測る為の資格です。

Microsoft Office Specialist EXCEL

Microsoft Office Word スペシャリスト
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
40時間程度 約80% 民間資格

(左右にスライド可能)

Microsoft Office Word エキスパート
難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
50時間程度 約60% 民間資格

(左右にスライド可能)

試験に関するデータ

  • 受験者推移⇒累計約420万人越え(2019年1月16日現在)
スペシャリスト(一般)レベル受験者の地域別・年代別割合

20歳以下、20歳代を中心に幅広い年代の方が取られている資格となります。
主に学生の方が取っているイメージが大きいですね。

エキスパート(応用)レベル受験者の地域別・年代別割合

エキスパートの方は、20代、30代の方が多く受けています。

スペシャリストを受けた方が+αとしてエキスパートを取得している方が多いみたいです。

MOS EXCEL Specialistとは何?

MOSは、Microsoft Office製品の操作スキルを証明できる国際資格の事です。

試験科目は、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの各アプリケーションについて、Officeバージョンごとに用意してあります。

また、WordとExcelはスペシャリストレベル(一般レベル)とエキスパートレベル(上級レベル)の2種類の科目を用意しており、証明したいスキルによってレベルを選択できます。

試験は、本物のアプリケーションソフトをマウスやキーボードで操作して解答を行っていきます。

試験会場は、全国各地にありますので、HPよりお申込みの際確認してください!

MOSを取得していただくと、Office製品を使いこなすスキルが身につき、その実践力を客観的に証明する事ができ、会社や学校などで扱いに重宝します。

どのような場面で主に役に立つか?

  • 就職活動でのアピール
  • 企業での事務仕事関係
  • 取引先などへの資料作成
  • 大学の授業でのレポート作成
  • 実験等でのデータまとめ+分析作業(理系なら箱ひげ図とか)

だいたいこのような場面で『MOS EXCEL』の資格を役に立てることが出来ます。

大学生の方ならよくEXCELなどを利用される事も多いのではないでしょうか?

文系でも理系でも、EXCELを活用してデータの分析・データをまとめる作業を行う事がよくあります。

また、仕事でも、資料作りを行う時に一度も触った事が無ければ仕事が遅くなり、周りの方に迷惑をかけてしまう場面があるかと思います。

そのような事を避ける為にEXCELの資格はとても役に立ちます。

試験に関しての説明

Mos Word Specialistの概要について説明をしておきます。

試験地

全国で行われています。
申し込みの際に受けたい県の試験地を指定してください。

受験資格

年齢・学歴など関係なく受けたい方が受ける事が可能です。

受験料
スペシャリストの方
  • 一般価格➡10,584円
  • 学割価格➡8,424円
エキスパートの方
  • 一般価格➡12,744円
  • 学割価格➡10,584円
試験日

全国一斉試験は、毎月1~2回、日曜日に実施しています。

1年間に全部で14回試験はあります。

試験期 申し込み日
1月中旬 11月後半~12月はじめ
2月はじめ 12月はじめ~1月はじめ
2月後半 1月はじめ~1月後半
3月はじめ 1月後半~2月はじめ
3月後半 2月はじめ~2月後半
4月後半 2月後半~3月後半
5月後半 3月後半~4月はじめ
6月中旬 4月中旬~5月後半
7月後半 5月中旬~6月後半
8月中旬 6月後半~7月後半
9月中旬 7月後半~8月中旬
10月中旬 8月中旬~9月後半
11月中旬 9月後半~10月後半
12月中旬 10月後半~11月中旬

詳しくは、こちらのHPで確認してください。

試験科目スペシャリスト(一般):出題範囲
スペシャリスト(一般)はここをタップ

(左右にスライド可能)

数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方

ワークシートやブックの作成と管理
  • ワークシートやブックを作成する
  • ワークシートやブック内を移動する
  • ワークシートやブックの書式を設定する
  • ワークシートやブックのオプションと表示をカスタマイズする
  • 配布するためにワークシートやブックを設定する
セルやセル範囲のデータの管理
  • セルやセル範囲にデータを挿入する
  • セルやセル範囲の書式を設定する
  • データをまとめる、整理する
テーブルの作成
  • テーブルを作成する、管理する
  • テーブルのスタイルと設定オプションを管理する
  • テーブルをフィルターする、並べ替える
数式や関数を使用した演算の実行
  • 関数を使用してデータを集計する
  • 関数を使用して条件付きの計算を実行する
  • 関数を使用して書式を設定する、文字列を変更する
グラフやオブジェクトの作成
  • グラフを作成する
  • グラフを書式設定する
  • オブジェクトを挿入する、書式設定する

もう少し詳しい出題範囲はこちらより

試験科目エキスパート:出題範囲
スペシャリスト(エキスパート)はここをタップ

(左右にスライド可能)

ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方

ブックのオプションと設定の管理
  • ブックを管理する
  • ブックの校閲を管理する
ユーザー定義のデータ表示形式やレイアウトの適用
  • ユーザー定義の表示形式と入力規則をデータに適用する
  • 詳細な条件付き書式やフィルターを適用する
  • ユーザー設定のブックの要素を作成する、変更する
  • ほかの言語に対応したブックを準備する
高度な機能を使用した数式の作成
  • 数式に関数を適用する
  • 関数を使用してデータを検索する
  • 高度な日付と時刻の関数を適用する
  • データ分析、ビジネス分析を行う
  • 数式のトラブルシューティングを行う
  • 名前付き範囲とオブジェクトを定義する
高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成
  • 高度な機能を使用したグラフを作成する
  • ピボットテーブルを作成する、管理する
  • ピボットグラフを作成する、管理する

もう少し詳しい出題範囲はこちらより

合格基準
  • 550~850点/1000点

試験科目によって変動する事あり

インターネット申請

公式マイクロソフトオフィススペシャリストのHPより

  • インターネット申し込み
  • 郵送申し込み

より申し込むことが可能です。

マイクロソフトオフィススペシャリスト公式ページ

MOS EXCELの勉強方法

マイクロソフト オフィススペシャリストの学習方法としてよいのは、

  • 対策教材を購入し、独学で学ぶ
  • 学校やパソコンスクールで対策講座を受講する

この2通りの勉強方法を行う事を推奨します。

今まで、殆どWordやパソコンなどに触れたことの無い方は、パソコンスクールで学ばないとなかなか難しいと感じるかもしれません。

パソコンスクールなどで『MOS 対策講座』を行っているのは、アビバなどがあります。

無料体験や資料請求だけなども可能なので気になった方は、下にリンクを張っておくので参考にどうぞご確認ください。

アビバ MOS対策講座で受講

また、他には『ユーキャン』がMOS資格対策コースを行っているので、それに受講する事もまた一つの手であると思います。

  • お値段16,800円

ほどなのであまり高くないので、パソコンに苦手意識がある方はこちらの受講をおすすめします。

ユーキャン MOS対策講座

今まで、パソコンを触り慣れている・EXCELを簡単にでも触った事がある方は、公式が出している教材を用いて学習していく事をおすすめします。

ただ、教科書を読んだらこの資格を獲得する事が出来るわけではありません。

教科書を読みつつパソコンでその通りにやってみて出来るのかどうかを確認し、学習を進めていく事が必要となってきます。

テキストをある程度勉強し、身に付いたと感じたならば、『模擬テスト』を行い実際に解くことができるかどうかを確認してください。

  1. 本編テキスト2周~3周
  2. 模擬テストを実際に行ってみる
  3. 模擬テストで間違った問題をテキストを確認し、理解する
  4. テキストを再び1周する
  5. 模擬テストを満点になるまで行う

このように複数回この流れを行って勉強を進めていけば、合格できることは間違いありません。

MOS EXCEL おすすめ通信講座

講座価格 16,800円
講座内容 メインテキスト1冊
副教材:CD-ROM:1枚
ガイドブック、他

MOS EXCEL おすすめ対策テキスト・問題集

MOS EXCELの資格を獲得するには、やはりテキストの購入は必然となってしまいます。

そこで、買って損の無いおすすめの参考書をこちらに紹介しておきますので、こちらの参考書をご購入の上学習を進めていってください。

パソコン未経験orEXCELに不慣れ方はこちらを!
  • アビバのMOS資格対策コースでパソコン教室で慣れて勉強していくスタイル

詳細はこちらをクリック

スペシャリスト受験予定の方はこちらを!

MOS Excel 2016試験の出題範囲を完全分析・網羅してあります。
MOS試験の内容を1冊ですべてカバーでき、実戦力を養うことのできる万全のテキストです。
出題範囲の機能の操作方法や押さえておきたいポイントを丁寧に解説しています。さらに、新しいMOS 2016の試験形式「マルチプロジェクト」に対応した模擬試験(5回分)を収録しています。

MOS試験の出題範囲を完全に網羅しており、練習問題を解きながら、MOS試験の合格に必要なスキルを確実に身に付けることができます。
新形式の試験に合格できるスキルを身に付けるため、「本誌解説」「模擬練習問題」「模擬テストプログラム」の3つの教材で学習を行います。
模擬テストプログラムは5回分あり、毎回異なる組み合わせで問題が出題され、何回でも挑戦できる「実力判定テスト」で学習できます。

\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!