通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

パソコン・IT

【独学】プロジェクトマネージャー試験(午前・午後)の勉強方法を紹介 | おすすめ参考書・問題集【論文対策はどうする?】

プロジェクトマネージャー試験とは、プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約の中でプロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバを成長させるマネージャを目指す資格試験です。

プロジェクトマネージャー試験

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
実務経験ある場合
100時間程
13% 国家資格

(左右にスライド可能)

プロジェクトマネージャー試験とは?

プロジェクトマネージャー試験とは、プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約の中でプロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバを成長させるマネージャを目指す資格試験です。

主に、プロジェクトマネージャーの資格を持っていた場合の仕事内容としては、情報システム又は組込みシステムのシステム開発プロジェクトの責任者として、当該プロジェクトを計画、実行、管理する業務に従事し、次の役割を主導的に果たすとともに、下位者を指導する事となります。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • プロマネの仕事に生かすことが出来る!
  • 官公庁系システムの開発などの転職活動に最適!
  • 中小企業診断士や技術士試験など試験の一部免除を受けられる!

プロジェクトマネージャー試験の資格取得する事で、以下のようなメリットが考えられます。

就職活動や転職活動で、プロジェクトマネージャー試験の資格を持っていることでアピールする事が出来ます

プロマネの試験合格者は、官公庁系システムの開発案件などでは、入札条件となっている場合もあるので、資格を持っていることで転職に有利になる可能性が高いです。

関連する資格として、ITストラテジストの資格を持っておくと更に良いです。

【独学でも受かる】ITストラテジスト試験の勉強方法やおすすめ参考書、問題集を紹介!対策勉強時間はどれくらい? ITストラテジスト試験 難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類 200時間~5...

プロジェクトマネージャー試験に関して

プロジェクトマネージャー試験の概要について説明しておきます。

試験地
  • 全国主要都市
受験資格
  • 年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。

受験料
  • 5,700円
試験日
  • 4月第3日曜日
試験内容
午前Ⅰ 午前Ⅱ 午後Ⅰ 午後Ⅱ
試験時間 9:30~10:20
(50分)
10:50~11:30
(40分)
12:30~14:00
(90分)
14:30~16:30
(120分)
出題形式 多肢選択式
(四肢択一)
多肢選択式
(四肢択一)
記述式 論述式
出題数
解答数
出題数:30問
解答数:30問
出題数:25問
解答数:25問
出題数:3問
解答数:2問
出題数:2問
解答数:1問

(左右にスクロール可能)

試験出題範囲

試験要綱Ver.4.3から最新情報を確認する事ができます。

午前Ⅰ試験の詳細はこちらをタップ
  • テクノロジ系
    • 基礎理論
      ① 離散数学
      ② 応用数学
      ③ 情報に関する理論
      ④ 通信に関する理論
      ⑤ 計測、制御に関する理論
      ⑥ データ構造
      ⑦ アルゴリズム
      ⑧ プログラミング
      ⑨ プログラム言語
      ⑩ その他の言語
    • コンピュータシステム
      ① プロセッサ
      ② メモリ
      ③ バス
      ④ 入出力デバイス
      ⑤ 入出力装置
      ⑥ システムの構成
      ⑦ システムの評価指標
      ⑧ オペレーティングシステム
      ⑨ ミドルウェア
      ⑩ ファイルシステム
      ⑪ 開発ツール
      ⑫ オープンソースソフトウェア
      ⑬ ハードウェア
    • 技術要素
      ① ヒューマンインターフェース技術
      ② インターフェース設計
      ③ マルチメディア技術
      ④ マルチメディア応用
      ⑤ データベース方式
      ⑥ データベース設計
      ⑦ データ操作
      ⑧ トランザクション処理
      ⑨ データベース応用
      ⑩ ネットワーク方式
      ⑪ データ通信と制御
      ⑫ 通信プロトコル
      ⑬ ネットワーク管理
      ⑭ ネットワーク応用
      ⑮ 情報セキュリティ
      ⑯ 情報セキュリティ管理
      ⑰ セキュリティ技術評価
      ⑱ 情報セキュリティ対策
      ⑲ セキュリティ実装技術
    • 開発技術
      ① システム要件定義
      ② システム方式設計
      ③ ソフトウェア要件定義
      ④ ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計
      ⑤ ソフトウェアコード作成及びテスト
      ⑥ ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト
      ⑦ システム結合・システム適格性確認テスト
      ⑧ ソフトウェア導入
      ⑨ ソフトウェア受入れ
      ⑩ ソフトウェア保守
      ⑪ 開発プロセス
      ⑫ 知的財産適用管理
      ⑬ 開発環境管理
      ⑭ 構成管理・変更管理
  • マネジメント系
    • プロジェクトマネジメント
      ① プロジェクト統合マネジメント
      ② プロジェクト・スコープ・マネジメント
      ③ プロジェクト・タイム・マネジメント
      ④ プロジェクト・コスト・マネジメント
      ⑤ プロジェクト品質マネジメント
      ⑥ プロジェクト人的資源マネジメント
      ⑦ プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
      ⑧ プロジェクト・リスク・マネジメント
      ⑨ プロジェクト調達マネジメント
    • サービスマネジメント
      ① サービスマネジメント
      ② 運用設計・ツール
      ③ サービスサポート
      ④ サービスデリバリ
      ⑤ サービスマネジメント構築
      ⑥ ファシリティマネジメント
      ⑦ システム監査
      ⑧ 内部統制
  • ストラテジ系
    • システム戦略
      ① 情報システム戦略
      ② 業務プロセス
      ③ ソリューションビジネス
      ④ システム活用促進・評価
      ⑤ システム化計画
      ⑥ 要件定義
      ⑦ 調達計画・実施
    • 経営戦略
      ① 経営戦略手法
      ② マーケティング
      ③ ビジネス戦略と目標・評価
      ④ 経営管理システム
      ⑤ 技術開発戦略の立案
      ⑥ 技術開発計画
      ⑦ ビジネスシステム
      ⑧ エンジニアリングシステム
      ⑨ e-ビジネス
      ⑩ 民生機器
      ⑪ 産業機器
    • 企業と法務
      ① 経営・組織論
      ② OR・IE
      ③ 会計・財務
      ④ 知的財産権
      ⑤ セキュリティ関連法規
      ⑥ 労働関連・取引関連法規
      ⑦ その他の法律ガイドライン・技術者論理
      ⑧ 標準化関連

午前試験Ⅱの詳細はこちらをタップ
  • テクノロジ系
    • 開発技術
      ① システム開発技術
      ② ソフトウェア開発管理技術
  • マネジメント系
    • プロジェクトマネジメント
      ① プロジェクトマネジメント
    • サービスマネジメント
      ① サービスマネジメント
  • ストラテジ系
    • システム戦略
      ① システム企画
    • 企業と法務
      ① 法務
午後試験Ⅰ・Ⅱの詳細はこちらをタップ

(午後Ⅰ:記述式、午後Ⅱ:論述式)

  1. プロジェクトの計画立案に関すること
  2. プロジェクトの管理・運営に関すること
  3. プロジェクトの評価に関すること
合格基準
  • 午前試験Ⅰ:100点満点中60点以上
  • 午前試験Ⅱ:100点満点中60点以上
  • 午後試験Ⅰ:100点満点中60点以上
  • 午後試験Ⅱ:ランクA
申し込み方法

プロジェクトマネージャー試験の勉強方法について

主に勉強方法としては、

  • 独学

基本的に、ITサービスマネージャーの資格は独学で勉強する事となります。
有名な「ユーキャン」や「ヒューマンアカデミー」などで講座は開講されていません。

独学

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. 午前試験Ⅰ、Ⅱの対策として、参考書をさらっと1周読む
  2. 午前試験Ⅰ・Ⅱの問題集を解き、理解していく
  3. 過去問を繰り返し解き、苦手運やの理解をする
  4. 論文試験の対策本を読む
  5. 過去問をひたすら繰り返す

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、サンプル問題などでアウトプットする事ができるので、脳への定着率は抜群とあがります。

プロジェクトマネージャー試験は、とにかく『暗記と理解』が大切となる試験です。

午前試験Ⅰ、午前試験Ⅱの対策

午前試験Ⅰでは、応用情報技術者試験の午前問題程度の問題が出題されます。

午前試験Ⅱでは、基礎知識が出題されます。
主に出題分野として、「テクノロジ系」「マネジメント系」「ストラテジス系」です。
過去の問題を繰り返し解き、しっかりと理解し、暗記するようにしましょう。

基本的には、過去の問題と同一、類似問題が出題されますので、
過去問をしっかりと繰り返して解き、設問内容や解答内容を理解する事が大切とされます。

過去問題集と応用技術者試験の問題、直近2年分は解くようにしましょう。

午後試験Ⅰ、午後試験Ⅱの対策

午後試験Ⅰでは、簡潔に解答する事が求められています(20~50文字程度)
問題集と過去問を繰り返し解き、解答例や解説をしっかりと頭に入れておきましょう。

午後試験Ⅱでは、長文の記述(2000文字~3400文字程)が出題されます。
長文を書くことに慣れていない方は、普段から書くような練習をまず始めましょう。

午後試験Ⅱ対策の問題集なども販売されていますのでしっかりと読んでください。
だいたい論文の書き方が理解できてくると思うので、解答例などを参考にして、自分でも書くことを反復して行うようにしてください。

参考書として、合格論文の書き方・事例集というものがあるので活用していきましょう。

プロジェクトマネージャー試験 おすすめ参考書・問題集

プロジェクトマネージャー試験を取得するのにオススメの参考書を紹介

午前試験Ⅰ、Ⅱ対策
本書は、知識解説だけでなく、おススメの学習法、解答テクニックまで、わかりやすく解説。
サンプル論文と減点ポイントを確認して合格論文が書けるようになる。過去18年分(午前・午後1・午後2)および平成13年度以前の重点問題(午後1・2)を解答例付きで提供。
本書は、プロジェクトマネージャ試験に必要な知識を習得していただくための基本テキストです。
情報処理技術者試験であるプロジェクトマネージャ資格の取得のために、プロジェクトマネジメントに、情報システム開発では必須の開発技術の知識体系を加えて、
IT分野のプロジェクトマネジメントについての最新のレベルの知識をまとめています。
created by Rinker
技術評論社
¥3,168 (2021/09/25 15:40:46時点 Amazon調べ-詳細)
本書は、午前2問題対策で基礎知識をひとまとめ。午後1問題の記述式については,解答の導き方を設問ごとに,別解も含めて詳細に解説します。
午後2問題の論文形式では,合格する論文の書き方や,演習方法を具体的にアドバイス。
論文の実例も多数掲載しています。
午後試験Ⅰ対策
本書は、プロジェクトマネージャ・午後I試験対策-記述試験-に特化した受験書です。
最新傾向の本試験を用いて実践的に解説しています。
午後1試験の重点対策は「解答のプロセスの理解」過去問から厳選した15問を掲載しています。
すべてに詳細解答のプロセスが付いており、
午後2試験の重点対策は「概要設計の作り方」過去問から6問を掲載し、
すべてに概要設計の見本とその作成手順を付いています。
午後試験Ⅱ対策
本書は、合格論文の絶対条件である「問題文の趣旨に沿うような論文」をどのように構成し,時間内に仕上げればよいか詳しく説明されています。
本書は、午後II試験対策─論述試験─に特化した受験書です。
どんな状況設定の問題が出ても使える汎用論述フレーズ“モジュール”の作例と作り方を紹介し、
ごく短時間の準備で合格答案が書けるようになります。
\知っておかないと損!/
オススメ参考書をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ参考書!