通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

Pythonエンジニア認定試験

【Pythonおすすめ資格】Pythonエンジニア認定試験の難易度や勉強法を解説!過去問はどこ?や参考書を紹介!【おすすめプログラミングスクール】

Pythonエンジニア認定試験とは、Pythonエンジニア育英推進協会が実施している民間資格です。
Pythonに関する基礎知識や文法を問う内容です。

Pythonエンジニア認定試験

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
60~80時間 70% 民間資格

(左右にスライド可能)

Pythonエンジニア認定試験とは?

Pythonエンジニア認定試験とは、Pythonエンジニア育英推進協会が実施している民間資格です。

Pythonに関する基礎知識や文法を問う内容です。

そもそも、Pythonとは、初心者からでも学びやすいプログラミング言語でありながら、本格的な業務アプリケーションにも対応可能です。
人工知能(AI)やデータサイエンス分野での利用が広がり、近年では仮想化技術の高まりによってプログラミング能力が必要となりつつあるインフラエンジニアの間でも、Pythonに注目が集まっています。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • IT系の就職や転職活動でのアピールに!
  • ITエンジニア関係の仕事の補強に!
  • 実務経験がない学生の方に!
  • フリーランスで仕事を受注したい方に!

Pythonエンジニア認定試験を取得する事で、以下のようなメリットが考えられます。

就職活動や転職活動で、IT業界のエンジニアとして働きたいと思ったときに、この資格を持っているとアピールする事ができます。

Pythonは上記でも述べた通り、web開発から人工知能など幅広く使用される汎用性がとても高いプログラミング言語です。

という事は、エンジニアを目指す人ならばとても役に立つことになります。

学生のうちから挑戦していくことが出来るので、就職活動でアピールし、
周りと差をつける事ができるのでおすすめでう。

Pythonエンジニア認定試験に関して

Pythonエンジニア認定試験の概要について説明しておきます。

試験地
受験資格
  • 年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。

受験料
  • 11,000円(学割5,500円)
試験日
  • 通年
試験内容
  • 問題数:40問(すべて選択問題)
  • 試験時間:60分

試験出題範囲

主教材であるオライリー・ジャパン「Pythonチュートリアル 第3版」の掲載内容を出題範囲として、以下の比率で出題されます。
また、一般的な知識からも出題されます。

詳細はこちらをタップ

(左右にスライド可能)

立て 出題数 出題率
1章 食欲をそそってみようか 1 2.5%
2章 Pythonインタープリタの使い方 1 2.5%
3章 気楽な入門編 6 15.0%
4章 制御構造ツール 9 22.5%
5章 データ構造 7 17.5%
6章 モジュール 2 5.0%
7章 入出力 1 2.5%
8章 エラーと例外 4 10.0%
9章 クラス 2 5.0%
10章 標準ライブラリめぐり 4 10.0%
11章 標準ライブラリめぐり─PartII 1 2.5%
12章 仮想環境とパッケージ 1 2.5%
13章 次はなに? 0 0.0%
14章 対話環境での入力行編集とヒストリ置換 1 2.5%
合計 40 100.0%

(詳しくは公式ホームページより)

合格基準
  • 70%以上の正解で合格
申し込み方法

Pythonエンジニア認定試験の勉強方法

主に勉強方法としては、

のどちらかになります。

Pythonエンジニア認定試験は基本的に独学で勉強することになります。
この資格専用の講座というものはありません。
将来的に用いて活躍していきたいと考えている方は、『プログラミングスクール』でしっかりと学ぶ事をおすすめします。

それぞれ説明の方をさせて頂きます。

独学

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. まず初心者は主教材をしっかりと1周読む
  2. Progate模擬問題β版を用いて慣れる
  3. 分からない部分を検索や教材を用いて調べる
  4. ひたすらProgate模擬問題β版を繰り返す

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、過去問などでアウトプットする事ができるので、
脳への定着率は抜群とあがります。

Pythonエンジニア認定試験は、とにかく『慣れと暗記』が大切となる試験です。

その為に模擬問題β版や実際にProgateを使って打ってみるなどを行い身につけていきましょう。

模擬問題β版では、ほぼ満点が取れるまで繰り返すようにしましょう。

Pythonエンジニア認定試験 おすすめプログラミングスクール

プログラミングスクール
受講価格 148,000円~
おすすめポイント ・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
・実績No.1のオンライン・プログラミングスクール(受講者20,000名以上)
・レッスン満足度94.6%、現役エンジニアから実践的なスキルを学べる
・無料体験レッスンを受講すると受講料が1万円引に

(左右にスライド可能)

Pythonエンジニア認定試験 おすすめ参考書・問題集

Pythonエンジニア認定試験を取得するのにオススメの参考書や問題集を紹介

created by Rinker
¥1,548 (2021/09/25 02:33:35時点 Amazon調べ-詳細)
本書は、公式が出版する主教材です。
このPythonエンジニア認定試験を受けるならば必ず購入するようにしましょう。
本書は、Pythonの言語とシステムの基本的な機能やコンセプトを解説し、さらにPythonの特徴的な機能を数多く取り上げて紹介することで、読者がこの言語の雰囲気とスタイルをつかめるよう配慮しています。
本書を読むことで、Pythonのモジュールやプログラムを読み書きできるようになり、ライブラリリファレンスで解説されているさまざまなモジュールについて、詳しく学ぶ準備が整います
本書は、Pythonの入門書です。
初心者の方ならまず、こちらを購入して勉強していくのに最適の1冊です。
Pythonビギナーに向けて、プログラムの根本概念、基礎知識、基本文法をきっちり端折らずに説明。
さらには、「簡単な計算」「ゲームの作成」「GUIアプリ」「モジュールの活用」など、実際に手を動かしながらの演習を通して、学んだことがしっかり身につくように構成してあります。
\知っておかないと損!/
オススメ参考書をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ参考書!