通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

情報セキュリティ

【最短1カ月合格】情報セキュリティマネジメントの勉強方法やおすすめ参考書・問題集(Web問題)を紹介!

情報セキュリティマネジメントとは、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本手kなスキルを認定する資格試験です。

情報セキュリティマネジメント

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
200時間程度 50%程度 国家資格

(左右にスライド可能)

情報セキュリティマネジメントとは?

情報セキュリティ試験とは、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する資格試験です。

情報セキュリティ意識を高めて、組織における情報の漏洩のリスクを低減させることができたり、被害が起きたとしても最小限に抑える事ができたりします。

これから先どんどんネット社会になってきますので、かなり重宝されていく資格となるでしょう。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 業務で個人情報を取り扱う方
  • 業務部門・管理部門で情報管理を担当する方
  • 外部委託先に対する情報セキュリティ評価・確認を行う方
  • 情報セキュリティ管理の知識。スキルを身につけたい方
  • ITパスポート合格から、さらにステップアップをしたい方

このような事を思っている方・されている方におすすめの資格となります。

IT系の会社ならば情報セキュリティの資格を持っているとアピールする事で
就職活動や転職活動で優遇されることもあるでしょう。

また、資格を取ることで奨励金をもらえる事も考えられますし、
普段の自分自身の生活にも情報セキュリティの知識がかなり役立つ事でしょう。

 

情報セキュリティマネジメントの試験に関して

情報セキュリティマネジメントの概要について説明しておきます。

試験地
  • 全国各地
    北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
受験資格
  • 受験資格はなし。誰でも受験可能

受験料
  • 5,700円くらい
試験日
  • 1年に2回
    ・4月第3日曜日
    ・10月第3日曜日
試験内容
  • 午前試験
    ・試験時間:90分
    ・出題形式:多肢選択式(四肢択一)
    ・出題数:50問
  • 午後試験
    ・試験時間:90分
    ・出題形式:多肢選択式
    ・出題数:3問

試験出題範囲
  • 午前試験

情報セキュリティの考え方をはじめ、情報セキュリティ管理の実践規範、各種対策、情報セキュリティ関連法規などに加えて、ネットワーク、システム監査、経営管理などの関連分野の知識を問います。

重点分野 情報セキュリティ全般 機密性・完全性・可用性、脅威、脆弱性、サイバー攻撃手法、暗号、認証 など
情報セキュリティ管理 情報資産、リスク、ISMS、インシデント管理などの各種管理策、CSIRT など
情報セキュリティ対策 マルウェア対策、不正アクセス対策、情報漏えい対策、アクセス管理、
情報セキュリティ啓発 など
情報セキュリティ関連法規 サイバーセキュリティ基本法、個人情報保護法、不正アクセス禁止法 など
関連分野 テクノロジ ネットワーク、データベース、システム構成要素
マネジメント システム監査、サービスマネジメント、プロジェクトマネジメント
ストラテジ 経営管理、システム戦略、システム企画

(左右にスクロール可能)

  • 午後試験

業務の現場における情報セキュリティ管理の具体的な取組みである情報資産管理、リスクアセスメント、IT 利用における情報セキュリティ確保、 委託先管理、情報セキュリティ教育・訓練などのケーススタディによる出題を通して、情報セキュリティ管理の実践力を問います。

合格基準
  • 午前試験:100点満点中60点以上
  • 午後試験:100点満点中60点以上
申し込み方法

情報セキュリティマネジメントの勉強方法を紹介!

主に勉強方法としては、

  • 独学

となります。

それぞれ説明の方をさせて頂きます。

独学

勉強方法としては、このように取り組んでください。

  1. 参考書をまず1週読んでみる
  2. 過去問題を解いてみる
  3. 間違えた問題を答えや参考書と照らし合わせて理解する
  4. 過去問題集を何周か行う
  5. 参考書をもう一度読みポイントをしっかりインプット『

このように勉強を進めていく事で効率的に頭にインプットする事が出来ます。

インプットするだけでなく、過去問などでアウトプットする事ができるので、
脳への定着率は抜群とあがります。

過去問は、スマホでも解くことが可能です。

こちらの情報セキュリティマネジメント試験ドットコムのサイトにて、過去問を載せてくれているので、スマホで通勤中などに解けます。

こちらのサイトは、自分の現在のレベルが一目でわかるようになっているので、
多くの方が使用されているおすすめのものとなります。

基本的に午前試験・午後試験ともに過去問と参考書を読む事だけで合格が可能です。

情報セキュリティ おすすめ参考書・問題集

情報セキュリティマネジメント試験の資格を取得するのにオススメの参考書を紹介しておきます。

本書は、フルカラーで図が多く使われており、とても分かりやすいと言われている参考書です。
ページ数も多くしっかりと内容がかかれており、知識がない方でもイラストを見ながら学ぶ事ができるので使いやすいです。
本書は、初心者にとてもおすすめの参考書となっています。
頻出分野をピンポイントで掘り下げて解説しており、過去問を含まれているので、実践も可能です。
本書は、過去の問題5回分掲載と春・秋両試験と予想問題3回分をPDFでダウンロード提供。合計10回分の問題に取り組むことができます。
午前問題は問題と解答を同時に見られる見開き構成で、効率的に勉強を進められます。午後問題は1問ごとに解説し、長文問題もしっかり対策できます。
解説はいずれもセキュリティのプロが行っているので、確かな知識が身に付き、得点に結びつきます。
本書は、午前問題194問 午後問題17問,さらに本試験の問題と解説を収録してあります。合格のためには必携の問題集です。
午前問題の出題分野ごとに学習目標,キーワードを掲載してあるのでおすすめです。

情報セキュリティマネジメントの資料請求はこちら

全国のスクール情報を一覧比較、無料で一括資料請求ができます。

最安・最短講座がエリアごとにまとめて比較できるので、非常に見やすいです。

どのスクールにするか迷っている場合、開講日程や分割払いなど細かい情報を一つ一つ調べるのはとても面倒ですが、BrushUP学びを使えば、最新の資料を一括でお取り寄せできます。

もちろん無料です。
まずはこのサイトから資料請求することをおすすめします。
平日なら電話での請求も可能です。




\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!