通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

介護・福祉・保育

精神保健福祉士とは?おすすめの参考書や過去問題集を紹介。勉強方法はどのようにすればよい?

精神保健福祉士とは、精神障害者を対象に社会復帰を相談援助するためのソーシャルワーカーの事を指します。

精神保健福祉士

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
200時間程 63% 国家資格

(左右にスライド可能)

精神保健福祉士とは?

精神保健福祉士とは、精神病院機関や医療機関で、精神障害者を対象に社会復帰を相談援助するためのソーシャルワーカーの事を指します

精神保健福祉士は、精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神科病院その他の医療施設において精神障害の医療を受け、又は精神障害者の社会復帰の促進を図ることを目的とする施設を利用している者の地域相談支援の利用に関する相談その他の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練その他の援助を行なうこと(以下「相談援助」といいます)を業とする者です。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 介護関係の業界で働いている方!
  • 介護・福祉業界で働いている方!
  • 就職・転職などで!

精神保健福祉士の資格を取得する事で、幅広い場面で活用する事ができます。

精神保健福祉士の資格は、国家資格となるので、とても強い武器となります。
介護関係で働いている方なら勿論のこと、取得すれば、職場で待遇面の改善も期待できる介護福祉士の資格。

昇格や昇給なども考えられる事が多いでしょう。

関連資格

レクリエーション介護士とは?資格取得のメリットや受験概要を解説。合格率はどれくらいなのか【通信講座:ユーキャン】レクリエーション介護士とは、自分の趣味・特技を活かしながら、アイデアや着眼点によって、高齢者に喜ばれるレクリエーションを提供できる人材です。...
【最短合格】介護支援専門員(ケアマネージャー)のおすすめテキストや問題集、勉強方法について 介護支援専門員 難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類 2か月程度 10%程...
【独学で一発合格】介護福祉士のおすすめの勉強方法やおすすめの参考書・過去問題集を紹介!実技試験についても介護福祉士とは、介護の資格の中での唯一の国家資格です。 具体的な仕事は、お年寄りや身体の不自由な方の食事や入浴、車いすでの移動補助などの身体介護や、利用者への相談・助言などを行います。...

精神保健福祉士に関して

精神保健福祉士の概要について説明しておきます。

試験地
  • 北海道、宮城県、東京、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
受験資格
  1. 4年制の福祉系大学などにおいて、指定科目を修めて卒業した者(受験する年の3月31日までに卒業見込みの者を含む。)
  2. 福祉系で2年制(又は3年制)短期大学等などにおいて指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者(受験する年の3月31日までに従事する見込みの者を含む)
  3. 福祉系で4年制の大学などにおいて基礎科目を修めて卒業し、短期養成施設等において6ヶ月以上履修した者。
  4. 福祉系で2年制(又は3年制)短期大学等などにおいて基礎科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事し、短期養成施設等において6ヶ月以上履修した者
  5. 社会福祉士登録者で、短期養成施設等において6ヶ月以上履修した者。
  6. 4年制一般大学などを卒業し、一般養成施設等で1年以上履修した者。
  7. 3年制一般短期大学等などを卒業し、指定施設において1年以上相談援助の業務に従事し、一般養成施設等で1年以上履修した者。
  8. 2年制一般短期大学等などを卒業し、指定施設において2年以上相談援助の業務に従事し、一般養成施設等で1年以上履修した者。
  9. 4年以上相談援助の業務に従事し、一般養成施設等で1年以上履修した者。

受験料
  • 16,400円
試験日
  • 2月上旬頃の2日間
試験概要
  • 163問/275分
試験範囲
試験詳細はここをタップ
  1. 精神疾患とその治療
  2. 精神保健の課題と支援
  3. 精神保健福祉相談援助の基盤
  4. 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
  5. 精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム
  6. 人体の構造と機能及び疾病
  7. 心理学理論と心理的支援、
  8. 社会理論と社会システム
  9. 現代社会と福祉
  10. 地域福祉の理論と方法
  11. 福祉行財政と福祉計画
  12. 社会保障
  13. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  14. 低所得者に対する支援と生活保護制度
  15. 保健医療サービス
  16. 権利擁護と成年後見制度
  • 次の2つの条件を満たした者を合格者とする。
    • 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
    • 上記を満たした者のうち、試験科目16科目群(ただし、(注意2)に該当する者にあっては、5科目群。)の各科目群すべてにおいて得点があった者。
    1. 精神疾患とその治療
    2.  精神保健の課題と支援
    3. 精神保健福祉相談援助の基盤
    4. 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
    5. 精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム
    6. 人体の構造と機能及び疾病
    7. 心理学理論と心理的支援
    8. 社会理論と社会システム
    9. 現代社会と福祉
    10. 地域福祉の理論と方法
    11. 福祉行財政と福祉計画
    12. 社会保障
    13. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
    14. 低所得者に対する支援と生活保護制度
    15. 保健医療サービス
    16. 権利擁護と成年後見制度
    • (注1) 配点は、1問1点の163点満点である。
    • (注2) 精神保健福祉士法施行規則第6条の規定による試験科目の一部免除を受けた受験者にあっては、配点は、1問1点の80点満点である。
申し込み

精神保健福祉士の勉強方法について

主に勉強方法としては、

  • 独学

基本的に、介護福祉士の資格は、基本的に独学で学ぶことになります。
通信講座は、用意されていないのでしっかりと自分で学ぶことが大切です。

資格取得の流れ
  • 参考書を用いてとりあえず一周読む
  • 過去問題に挑戦してみる
  • 間違った問題を参考書を用いて見直す
  • 参考書をもう一度読み返す
  • 繰り返し過去問を行う

精神保健福祉士は、とにかく『暗記』が大切となる試験です。

このように勉強を進めていくことで、インプットするだけでなく、
アウトプットする事もできるので効果は抜群です。

アウトプットする事で知識はしっかりと身についていきますので、
問題集を用いて何度もアウトプットするようにしていきましょう。

精神保健福祉士 おすすめ参考書・過去問題集

created by Rinker
中央法規出版
¥320 (2021/09/28 07:39:49時点 Amazon調べ-詳細)
本書は、社会福祉士の国家試験において、文章だけではわかりづらい内容をオールカラーで図式化・イラスト化し、その全体像や重要項目等についてわかりやすく整理しています。
テキストとして読み込んでいくことはもちろん、過去問や模擬問題を解いた後の確認にも最適です。
過去3年分の全問題を収載し、1問ずつ選択肢ごとに解説した問題集です。国家試験の出題傾向がわかるように各科目の出題基準表に出題実績を入れ、科目ごとに効果的な勉強が行えるようにその方法も紹介しています。押さえておきたい知識の基本理解、実力試し、傾向対策、復習と、国家試験対策に幅広く活用できる一冊です。
精神保健福祉士国家試験の「専門科目」の一問一答集。
受験指導の経験豊富な執筆陣が、試験傾向を分析し、重要な過去問題・予想問題を科目別に、一問一答形式でまとめてあります。
精神保健福祉士国家試験の出題範囲をしっかり押さえた模擬問題集。
第22回の国家試験に向け実力試しができるだけでなく、詳しい解説が、実力・得点力をアップさせます。