通信講座【スタディング】TOEIC短期間で600点越えを目指せる!

2020年4月30日まで

今なら10,000円OFF!!

  • TOEIC® TEST 対策講座
    オープン記念キャンペーン

TOEIC 990点(満点)取得経験者の早川講師による分かりやすい動画講義と単語、文法、リスニング、ディクテーションなどTOEIC対策に必要な学習がスマートフォンで行えます。

詳細はこちらより

宅建

【宅建】大学生でも一発で合格!独学に役立つ参考書や勉強方法・順番を紹介!オススメの通信講座も!

宅地建物取引士(宅建士)とは、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格。
不動産が資産として重要視される日本において、常にニーズが高く、数ある国家資格の中でも抜群の知名度と活用度を誇っています。

宅地建物取引士

難易度 学習期間 合格率 役に立つ度 資格の種類
6ヶ月程 15%~20% 国家資格

(左右にスライド可能)

宅地建物取引士とは?

宅地建物取引士は、簡単に言うと『契約書の中でも特に大事な部分を分かりやすく説明する』という役割を担っているものです。

不動産取引の契約書には、法律用語、専門用語が多く含まれているので、
一般の方には、意味が分かりづらい場合があります。

物件を選ぶ際も見ただけでは分からない事ってよくありますよね。
そういう時にこの資格を持っているととても役に立ちます。

どのような場面で役に立つ?こんな方にオススメの資格!

  • 不動産業で働いている方にオススメ!
  • 金融機関で働いている方!
  • 建築会社で働いている方!

皆さんも分かっている通り、不動産業に就職する予定の方は、必ず取っておきたい資格です。

『建築会社』では、自社で建築した物件を販売する際に宅建の資格が必要。説明する内容があらかじめわかっているだけに、自社物件のウリをお客さんへアピールしやすくなります。

『金融機関』では、不動産の担保価値を評価して融資することが多いため、宅建の知識は非常に有益です。また不動産販売会社を傘下に持つ銀行も多く、籍をどちらに置いていても活用できる。

『不動産管理会社』では、不動産分譲の仲介を行い、さらに管理も自社で行う会社が増えており、宅建の資格は有効。
さらに管理会社では必須の資格である「管理業務主任者」の試験内容は、宅建試験の内容と酷似しているため、取得しやすいメリットも

では、具体的には、どのような場面で役に立っているのかを見てみましょう。

  • 就職・転職・独立の時に役にたつ!
  • 仕事に役に立つ(キャリアアップにも)!
  • 不動産購入を安心して行える!
  • 毎月5千円~5万円の資格手当がつく(会社による)

不動産取引業を手がける企業では、従業員の5人に1人以上の割合で宅建士を置かなければならないと法律で定められています。そのため、宅建士の資格を持つ人材は不動産業をはじめ、企業からのニーズが高い人材です。

不動産業界はもちろんのこと、不動産関連セクションを持つ一般企業や、不動産を担保として融資を行う金融業、新規出店で不動産を扱う小売業など、広い範囲で宅建士の知識が役立ちます。

人によっては宅建士の専門知識を買われ、社内で部署異動を打診されたなどということもあるようです。資格の取得で仕事の幅をさらに広げることもできます。

また、宅建資格を持っていれば、不動産取引の際の説明や契約書を理解できるため、契約の成立がスムーズに進むことになります。

宅地建物取引士の試験に関して

宅地建物取引士の概要について説明しておきます。

試験地
  • 原則として、現在お住まいの試験地(都道府県)での受験となります。
受験資格

特になし。誰でも受験可能です。

受験料
  • 7,000円
試験日
  • 毎年1回、10月の第3日曜日に、次の時間で実施
    ・午後1時~午後3時(2時間)
試験科目
  1. 宅建業法
  2. 権利関係
  3. 法令による制限
  4. 税法その他関連知識

合格基準
  • 例年50問中35問程度正解すれば合格

だいたい正答率7割くらいで合格となるようです。

申し込み方法

一般財団法人 不動産適性取引推進機構から申し込みする事ができます。

宅地建物取引士の勉強方法を紹介!

主に勉強方法としては、

  • 独学
  • 講座

のどちらかになります。

それぞれ説明の方をさせて頂きます。

独学

宅地建物取引士とは、範囲がかなり広いですが、学習範囲を絞りこむ事ができます。

宅建の試験では、出題を分析すると、過去問と同じ知識を問う焼き直し問題が『7~8割』占めます。

まず、学習方法としては、最初はざっくりと参考書を読んでいき宅建という資格のいろはを学び、2周目はじっくりと読んで知識を確実なものとしていく事です。。

民法、業法、法令上の制限、その他関連知識で使われている各単元を意識して勉強すると、より高い効果を発揮する事ができます。

まとめてみると流れは下記の通りに勉強しましょう。

  1. 公式テキストで暗記!なぜかも意識しながら暗記するように
  2. 過去問題集を解いて理解する!
  3. 忘れやすいモノをノートに書いておく!

そして、満点を取る事はかなり難しいので、間違えたら落ちる!という問題を確実に解くことができるようにしましょう。

これを行うだけで合格する事が可能となってきます。

しかし、やはり範囲が広いので、なかなか独学で合格するという事は厳しいです。

そういった場面で、通信講座をうまく活用するといいでしょう。

宅建の講座は、色々な所で取り扱っています。詳しく説明していきます。

オンライン講座

主にオンライン講座を開講しているのは、以下の二つです。

  • ユーキャン
  • 資格スクエア
  • フォーサイト
  • 資格のTAC
  • スタディング  など

それぞれ、試験にバッチリ合格へ導いてくれる講座を開設しています。

確実に合格したい、勉強の進め方が分からないと思っている方は、
オンライン講座を受講して勉強を進めるのが一番いいです。

ここでは、オススメな講座を開設しているモノを取り上げて紹介しておきます。

宅地建物取引士 オススメWEBオンライン講座

ユーキャン


価格 63,000円
受講内容 テキスト・副教材・問題集など

(左右にスライド可能)

 

資格スクエア

価格 64,800円
受講内容 テキスト・副教材・問題集など

(左右にスライド可能)

【資格スクエア】社会人・学生など時間の無い方にオススメのオンライン資格サービス | 評判・内容を紹介! オンライン資格講座『資格スクエア』とは? 資格スクエアとは、「IT×脳科学」をフル活用した全く新しいオンライン資格講座です...

フォーサイト


価格 39,800
受講内容 基礎講座・過去問講座・直前対策など

(左右にスライド可能)

スタディング


価格 19,980
受講内容 基本講座・スマート問題集・過去問集など

(左右にスライド可能)

【オンライン資格講座】社会人にオススメ資格サイト|STUDYing(スタディング)がオススメな理由と評判(口コミ) オンライン資格講座『スタディング』とは? スタディングとは、2008年いサービスが始まった...

宅地建物取引士 オススメ参考書

宅地建物取引士の資格を取得するのにオススメの参考書を紹介しておきます。

本書は、独学でも受かるように、『わかりやすさ×覚えやすさ』を取り揃えています。
講義のように分かりやすく説明が書かれており、ゴロ合わせ・イラストも多くあります。
独学で勉強を始めようと思っている方は、是非買っておきたい本の一つ。
本書は、テキスト内フルカラーで図解も使用されており、視覚的には分かりやすいです。宅建業法、権利関係、法令上の制限・税の3種類に3分冊できるようになっており持ち運びも便利です。

見やすさにかなりこだわられたテキストですが、内容はやや不足気味かと感じています。マンガ形式ほどまではいかないですが、概念把握に寄っており、試験で回答するにはやや知識が及ばないです。故にこれよりは同様にイラストや図解を活用した②スッキリ版の参考書の方がおすすめです。

\知っておかないと損!/
オススメ講座をCheck!
\知っておかないと損!/
オススメ講座!